人気ブログランキング |

カテゴリ:記念製品(エッチング板)( 26 )

【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー

【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー_a0100812_6191598.jpg
大変お待たせいたしました、第12回の記念製品をご案内いたします。
今回の題材は、むかし九州で特に多くみられた3フィート軌間の軽便のひとつ・南筑軌道(明治36/1903年開業-昭和15/1940年廃止)の単端式ガソリンカー。
南筑軌道といえば、“ブタ”とも渾名された石油発動機関車の活躍で知られていますが、その傍らで存在した3輛の単端式気動車のうちの1輛が、エッチング板のプロトタイプ・『2』番です。キャブオーバースタイルの片ボギー車で、“馬面”と称しても差し支えない狭幅の車体に4枚窓の表情がチャームポイント。
実車は昭和11/1936年中の製造とみられており、活躍の期間は廃止までのわずか4年程にすぎませんでしたが、牧野俊介さんが撮られたたった1枚の写真(エリエイ刊『自転車に抜かれたコッペルたち』等に掲載)のおかげで、その姿を記憶されているファンの方は多いのではないでしょうか。
【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー_a0100812_1231044.jpg
模型のスケールはHO、ゲージは実物通りなら10.5mmとなりますが、専用動力・推奨動力は便宜上9mmとしてあります。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
車体の基本部分のみのエッチング板ですが、ぜひ皆様の創意工夫でお楽しみ下さい。
キットは10月9日の祭の会場にて販売致します。
頒布数量:200枚・価格:1枚3,500円です。

【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー_a0100812_6255962.jpg
▲製品状態のエッチング板。車体部分以外には、KATO Bトレ動力使用の場合の台車枠と、屋根・妻面のカーブのテンプレートが含まれます。
【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー_a0100812_10321098.jpg
▲試作品ですが、未塗装の組立例。別売パーツ・素材はヘッドライトと救助網取付用のパイプのみ追加し、専用動力を装着したものです。
屋根の先端部は、櫛状に抜けた部分を形を整えてからハンダを盛って隙間を埋め、さらにヤスリがけによって仕上げます。
【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー_a0100812_10344424.jpg
▲アルモデル製の専用動力キット。(4,600円+税で会場内同社ブースにて販売予定)
動力本体は2段減速・1軸駆動のユニットで組立調整済。床板を含む、全軸集電構造のボギー台車周りの組立がポイントとなります。キットにはスケール通りの軸距の台車枠と、車体への取付け用ビス、ホワイトメタル製おわん型ヘッドライトが含まれます。
【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー_a0100812_1036143.jpg
▲動力には、KATO Bトレインショーティー用ボギー動力も使用可能です。台車枠を削ってエッチング板付属の台車枠を取付け、トレーラー側の台車は車輪を1軸外して首振りも固定し1軸台車に見立てます。車体への取付ステーは、2mm厚のプラ板等で自作して下さい。工作には難接着素材用の接着剤(合成ゴム系ないしは変性シリコン系)が必要です。
【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー_a0100812_1046434.jpg
【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー_a0100812_12243100.jpg
▲組立塗装作例。ライトはエコーのロスト製おわん型、側窓にφ0.3線で保護棒取付け、足回りには自作の排気管とダミーのプロペラシャフト。車体は黒一色のかわり、鉛丹色の屋根とニス色の窓枠でアクセントをつけています。実車の正確な塗色は不明ですので、ここはひとつ皆様のお好みの色で仕立てて下さい。(製作:栗島松雄)

★ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』で9/28より順次アップしています。参考になさって下さい。
(-) (はじめに)
(1) (部品構成の紹介、側板組立)
(2) (妻板組立)
(3) (車体組立、救助網)
(4) (屋根の工作)
(5) (アルモデル製専用動力の組立と排気管の工作)
(6) (塗装〔試作版〕)
(7) (塗装〔製品版、チッピング塗装例〕)

【2016.10.10追記】 今回の組立説明書をアップ致しました。
PDF(1.73MB)


【お願い】
以前の発売品も含め、軽便祭記念エッチング板製品に関するお問い合わせは
メールにて発売元の軽便鉄道模型祭事務局宛にお願い致します。
アドレス: keibenfes●gmail.com (お手数ですが、●を半角アットマークに置き換えて下さい)
設計製造元(アルモデル)への問い合わせはご遠慮下さい。
 

by maruk-fes | 2016-10-02 12:40 | 記念製品(エッチング板)

【第12回】記念製品<速報> 南筑軌道 単端式ガソリンカー 車体エッチング板

第12回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回は、南筑軌道の単端式ガソリンカー『2』です。(スケール:HO)
価格や仕様等の詳細は、9月下旬に改めてご案内致します。ご期待下さい。
 【第12回】記念製品<速報> 南筑軌道 単端式ガソリンカー 車体エッチング板_a0100812_1505992.jpg
※写真は試作品のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。
by maruk-fes | 2016-08-28 15:06 | 記念製品(エッチング板)

【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 

大変お待たせいたしました、第11回の記念製品をご案内いたします。
今回は、なんと昨年に引き続きで 仙北鉄道のDL・DC102です。スケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
車体の基本部分のみのエッチング板ですが、ぜひ皆様の創意工夫でお楽しみ下さい。

キットは10月4日の祭の会場のみでの販売となります。
頒布数量:200枚・価格:1枚3,500円です。

【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 _a0100812_01013482.jpg
●実車は1952/昭和27年に、同社の立山重工製蒸機・C156の足回りを利用して協三工業にて製造されました。機関は日野DA55を搭載。グリルやキャブの造作はやや無骨で、キャブ後方の機器室の尻下がりスタイルとも相まって、車歴わずか1年違いのDC103の軽快さとは好対照をなしています。鉄道の廃止後は、旧・登米駅付近の公園にキハ2406などとともに保存されていましたが、いつしか解体され、現在は動輪2軸のみが残されています。

【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 _a0100812_01054231.jpg
▲製品状態のエッチング板。今回の機種は、デッキ上の大きなコ型の手スリが欠かせぬディテールでもあることから、手スリやドアハンドル類もエッチング抜きのものを一通りアソートしています。ランナーには手スリを線材で自作する場合の折曲げ用治具と、削って丸みを表現するボンネット/キャブの側断面形状テンプレートが含まれます。

【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 _a0100812_01024245.jpg
【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 _a0100812_01054826.jpg
▲手スリはデッキ上の物のみ使用し、別売パーツはヘッドライトとタイフォンだけ追加した未塗装組立例。ボンネットやキャブの角の丸みのついた部分は、各自でヤスリがけによる仕上げが必要です。特にキャブのオデコは意外と複雑な形状のため、その再現は皆様の腕の奮いどころです。

【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 _a0100812_03532706.jpg
▲動力は、アルモデルから発売の『ロッド付C型DL用動力装置【2】』が最適です。昨年のDC103用と基本構造は同じですが、ホイールベースを実車に合わせて10.6+10.6mmに縮めています。ただし、動輪径は実物通りならφ8.4となるところを、パーツの関係でφ7.0を使用していますのでその辺はご留意下さい。
他機種・他社の動力も工夫次第で使用できます。

【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 _a0100812_05373431.jpg
【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 _a0100812_05374233.jpg
▲ディテールアップと塗装を施した作例。塗色は作者の好みで明るめのブルーで仕上げ。(製作:島松雄)

【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 _a0100812_03302678.jpg
▲▼廃止後、旧登米駅構内外れの児童遊園に保存されていた仙北鉄道の車輛たち。DC102のほか、キハ2406やボギー客車、貨車もいたが、惜しくも後年解体されている。1973.8 P:須々木裕太
【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 _a0100812_03303466.jpg
 
★ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』で9/25より順次アップしています。参考になさって下さい。
(1) (ボンネット、キャブの組立)
(2) (キャブ水切り、床板・端梁)
(3) (全体組み立て)
(4) (ディテールアップパーツの紹介)
(5) (動力ユニットの加工、塗装)
(6) (完成)

【2015.10.6追記】 今回の組立説明書をアップ致しました。
PDF(約1.9MB)

【お願い】
以前の発売品も含め、軽便祭記念エッチング板製品に関するお問い合わせは
メールにて発売元の軽便鉄道模型祭事務局宛にお願い致します。
アドレス: keibenfes●gmail.com (お手数ですが、●を半角アットマークに置き換えて下さい)
くれぐれも、設計製造元(アルモデル)への問い合わせはご遠慮下さい。
 

by maruk-fes | 2015-09-28 04:25 | 記念製品(エッチング板)

【第11回】記念製品<速報> 仙北鉄道DC102 エッチング板

第11回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回は、まさかの昨年に引き続きで 仙北鉄道のDL・DC102です(スケール:HO、ゲージ:9mm)
前回にも増して削り甲斐のある(!)キットです。価格や仕様等の詳細は、9月中に追ってご案内致します。どうぞご期待下さい。

【第11回】記念製品<速報> 仙北鉄道DC102 エッチング板_a0100812_06413295.jpg※写真は試作品のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。
by maruk-fes | 2015-09-15 06:46 | 記念製品(エッチング板)

【第10回】記念製品 仙北鉄道DC103 車体エッチング板 

大変お待たせいたしました、第10回の記念製品をご案内いたします。
今回は、仙北鉄道のC型ロッド式10tディーゼル機関車・DC103です。スケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
車体の基本部分のみのエッチング板ですが、ぜひ各自の創意工夫でお楽しみ下さい。
【第10回】記念製品 仙北鉄道DC103 車体エッチング板 _a0100812_18353716.jpg

実車は1953/昭和28年に協三工業にて製造。セミセンターキャブ構造かつスラントしたボンネット端面や丸みを帯びたキャブの造作が特徴で、1950年代に各地の非電化軽便にお目見えした蒸機改造名義の内燃機の中ではもっともスマートな機体といえます。
仙北廃止後の1968/昭和43年3月には磐梯急行電鉄(沼尻鉄道)に転じましたが、庫の中に仕舞い込まれてほとんど動くこともなく、約半年後の同社営業終了と運命を共にしました。

・ボンネットやキャブの角の丸みのついた部分は、各自でヤスリがけによる仕上げが必要です。
・付属のパーツ利用により、カプラー位置の関係で端梁の下端を延長した沼尻鉄道仕様にも仕上げられます。
・動力は、アルモデルから発売の『ロッド付C型DL用動力装置』が最適です。また、KATOのポケットライン『チビ凸用動力ユニット』も使用できます。

【第10回】記念製品 仙北鉄道DC103 車体エッチング板 _a0100812_16313881.jpg
【第10回】記念製品 仙北鉄道DC103 車体エッチング板 _a0100812_16312255.jpg

▲試作品の板およびロッド式動力ユニットを使用した仕上作例。
塗色は『軽便探訪』に掲載のカラー写真を参考に、現役末期のやや色褪せたイメージの色調で仕上げ。(製作:栗島松雄)

【第10回】記念製品 仙北鉄道DC103 車体エッチング板 _a0100812_1634297.jpg

▲製品状態のエッチング板。ランナーには、手スリ折曲げの治具と、削って丸みを表現するボンネット/キャブの側断面形状テンプレートが含まれます。

【第10回】記念製品 仙北鉄道DC103 車体エッチング板 _a0100812_16354089.jpg

▲アルモデルより発売の動力ユニット『ロッド付C型DL用動力装置』。
アルモーター(RS-0811S、フライホイール付)1個で2段減速による全軸ギア連動、ロッドは中間動輪のみフリー。製品は完全組立済です。

キットは9月28日の祭の会場のみでの販売となります。
頒布数量:190枚・価格:1枚3,500円です。
→おかげさまで当日完売となりました。

★ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』で9/16~9/29にかけてアップしてあります。参考になさって下さい。
(試作完成見本紹介)

(1) (キャブのパーツ切り出し)
(2) (キャブの組立)
(3) (キャブの水切りとヒサシについて/ボンネットのパーツ切り出し)

(4) (ボンネットの組立)
(5) (床板廻り)
(6) (生地完成/ディテールアップパーツの紹介)
【雑記】 軽便鉄道模型祭終わりました。(沼尻仕様での塗装仕上写真)


【2014.9.30追記】 今回の組立説明書をアップ致しました。
PDF(約1.8MB)

【2014.10.15追記】
【お願い】
以前の発売品も含め、軽便祭記念エッチング板製品に関するお問い合わせは
メールにて発売元の軽便鉄道模型祭事務局宛にお願い致します。
アドレス: keibenfes●gmail.com (お手数ですが、●を半角アットマークに置き換えて下さい)
くれぐれも、設計製造元(アルモデル)への問い合わせはご遠慮下さい。

   
by maruk-fes | 2014-09-23 23:57 | 記念製品(エッチング板)

【第10回】記念製品<速報> 仙北鉄道DC103 エッチング板

第10回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回は、仙北鉄道のC型ロッド式ディーゼル機関車・DC103です(スケール:HO、ゲージ:9mm)
価格や仕様等の詳細は、9月中旬に改めてご案内致します。どうぞご期待下さい。

【第10回】記念製品<速報> 仙北鉄道DC103 エッチング板_a0100812_1142266.jpg※写真は試作品のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。
by maruk-fes | 2014-08-30 09:26 | 記念製品(エッチング板)

【第9回】記念製品 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板 

大変お待たせいたしました、第9回の記念製品をご案内いたします。
今回は、温根湯森林鉄道の協三工業15tボギーDLです。
スケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
車体の基本部分のみのエッチング板ですが、ぜひ各自の創意工夫でお楽しみ下さい。
【第9回】記念製品 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板 _a0100812_1341051.jpg


実車は、1953/昭和28年に試作機1輛、追って1955/昭和30年に量産型4輛の計5輛が北海道の温根湯森林鉄道(北見営林局留辺蕊営林署)に導入されたもので、わが国の2'6"森林鉄道用としては最大・最強の内燃機関車でもありました。
温根湯では、昭和29年の台風被害による風倒木処理目的の路線延長区間において、林鉄としては異例の峠越え(=上り勾配)の積車牽引に活躍。
のちに温根湯線の廃止に伴い4輛が武利意森林鉄道(丸瀬布営林署)に転出したとの由ですが、1962/昭和37年に同線も廃止、他局に転出することなく10年に満たない生涯を終えています。

・ディテールは基本的に正面2枚窓の量産型に基づいていますが、試作機風の正面3枚窓もチョイス可能です。
・車体は切妻ですが、妻板の角にはRがついており、その部分は各自でヤスリがけによる仕上げが必要です。
・動力は、トミーテック『鉄道コレクション』用12M級動力(TM-01・03)が使用できる設計としてあります。また、祭の会場にてアルモデルからスケール通り(台車WB10.3mm・ボギーセンター間51.6mm)の専用動力も発売されます。

【第9回】記念製品 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板 _a0100812_140306.jpg

【第9回】記念製品 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板 _a0100812_142181.jpg

▲試作品の板および専用動力ユニットを使用した仕上作例。
塗色は、実車を撮影されたファンの方の『クリームとダークグリーン』という証言を参考に
クリーム1号+近鉄ダークグリーン(共にマッハ)を使用。(製作:栗島松雄)

【第9回】記念製品 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板 _a0100812_1392768.jpg
▲製品状態のエッチング板。ランナーには車体正面塗分け線テンプレート、正面ヒサシ・手スリ折り曲げ治具が含まれます。

【第9回】記念製品 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板 _a0100812_1475951.jpg

▲アルモデルより発売の専用動力ユニット。アルモーター(RS-0811S)1個で全軸を駆動、1台車に1輪ゴムタイヤ付。(→詳細
基本部分は組立済で、ダミー輪芯の嵌め込みと外台枠の組立はユーザーが行います。台車枠の形状は量産型に準拠。

【第9回】記念製品 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板 _a0100812_234239.jpg

▲『鉄コレ』12m級動力を装着した場合の図。専用動力に比べて車高は1.2mm下がります。

キットは10月6日の祭の会場のみでの販売となります。
頒布数量:200枚・価格:1枚3,500円です。

★ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』で9/18~10/4にかけてアップしてあります。参考になさって下さい。
(試作完成見本紹介)
(1) (車体パーツ切り出し、手スリ孔あけ)
(2) (車体の組立 )
(3) (車体の組立、妻板の角落とし)
(4) (ステップ廻り)
(5) (ヘッドライトカバーとヒサシの折り曲げ)
(6) (雨トイの工作、ライト関係パーツの紹介)
(7) (専用動力の紹介)
(8) (専用動力 台車枠の組立)
(9) (専用動力 台車枠の組立と砂箱、カプラー、エアタンク)
(10) (屋上のマフラー)

★実物の写真は、ウェブ上では以下でご覧いただけます。
・SENのブログ 温根湯森林鉄道-3
http://ameblo.jp/pecintarel/entry-11457155753.html
・RM編集長敬白 (名取紀之)
“垣間見た”温根湯森林鉄道跡。(上)
http://rail.hobidas.com/blog/natori09/archives/2006/11/post-401.html
“垣間見た”温根湯森林鉄道跡。(下)
http://rail.hobidas.com/blog/natori09/archives/2006/11/post-402.html
・北海道森林管理局 森林鉄道資料館 温根湯森林鉄道写真集
http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/square/railway/rubeshibe.html
・北海道大学 学術成果コレクション
北海道における森林鉄道用ジーゼル機関車について(小熊米雄)〔PDF〕
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/20782/1/20%281%29_P361-392.pdf


【2013.10.7追記】 今回の組立説明書をアップ致しました。
PDF(約1.4MB)
※訂正とお詫び: 
・説明書中で、(車体の床板ステーに)“M1.4のタップを立てる”旨の記載がありますが、実際にはM1.2の間違いです(アルモデル製の専用動力もM1.2ビス同梱)。
・また『パーツ一覧』の、鉄コレ用台車枠の部分の“スジ彫りが外側になるように折り曲げる”箇所の指示にも一部抜けがありました。
お詫びのうえ訂正致します。
(上記リンクにアップのPDFは当該部分を訂正しました)
by maruk-fes | 2013-10-04 08:30 | 記念製品(エッチング板)

【第9回】記念製品<速報> 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板

第9回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回は、本邦最大の林鉄用DLであった、北海道・温根湯森林鉄道の協三15tボギーDLです(スケール:HO、ゲージ:9mm)
価格や仕様等の詳細は、9月中旬に改めてご案内致します。ご期待下さい。

【第9回】記念製品<速報> 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板_a0100812_132932.jpg※写真は試作品のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。
by maruk-fes | 2013-08-21 03:45 | 記念製品(エッチング板)

【第8回】記念製品 静鉄駿遠線キハC3 エッチング板 

大変お待たせいたしました、第8回の記念製品をご案内いたします。
今回は、静岡鉄道駿遠線(←藤相鉄道)の片ボギー気動車・キハC3です。
スケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
【第8回】記念製品 静鉄駿遠線キハC3 エッチング板 _a0100812_3584089.jpg

実車は1936/昭和11年に藤相鉄道キハ6として加藤車輛で誕生。
鮮魚台を含めた車体全長が7mにも満たないわりに足回りは片ボギー式で、深い屋根やステップも相まって、小型ながらも量感のあるスタイルが特徴です。
幾度かの機関換装を経つつ駿遠線の全通後も活躍しましたが、自社製造の湘南型ディーゼルカー(キハD14~)の登場と入れ替わりに、1960/昭和35年に姿を消しています。

この製品は車体の基本部分のみのキットであり、屋根部分・動力・各種ディテールは"おまかせ"となりますが、ぜひ各自の創意工夫でお楽しみ下さい。

【第8回】記念製品 静鉄駿遠線キハC3 エッチング板 _a0100812_1283065.jpg

▲素組作例(アルモデルより別売予定の専用動力、エンジン、プラ板ヒートプレス製屋根を使用。ヘッドライトは未取付)。
車体は雨トイとウインドシル/ヘッダーを別貼りとすることで立体感をアップしています。
【第8回】記念製品 静鉄駿遠線キハC3 エッチング板 _a0100812_1285094.jpg

▲車体の内張りは、個々の窓枠を切り離せるようにしてあり、簡単に窓を開けた状態にすることができます(赤丸部分に注目)。
写真奥はアルモデル製専用動力(アルモーターRS-0811+フライホイール使用、GM製ボギー台車側を駆動、車輪φ7)。
【第8回】記念製品 静鉄駿遠線キハC3 エッチング板 _a0100812_1454341.jpg

▲市販床下機器や自作のラジエター給水管を加えて組立途中の作例。屋根はバルサ削り出し。(製作:栗島松雄)
【第8回】記念製品 静鉄駿遠線キハC3 エッチング板 _a0100812_0231661.jpg

▲製品状態のエッチング板。ランナーには屋根カーブと車体正面塗分け線のテンプレート付(画像右端部分)。

キットは10月8日の祭の会場のみでの販売となります。
頒布数量:220枚。価格:1枚3,500円です。


【追加情報】
【第8回】記念製品 静鉄駿遠線キハC3 エッチング板 _a0100812_23255321.jpg★今回のエッチング板には、特別附録として静岡鉄道駿遠線の硬券乗車券が1枚つきます。平田邦彦さんのご提供によるもので、駿遠線全廃の際に同社より直接入手されたという未使用の実物です。券面はいずれも『大井川→新藤枝』の普通乗車券となります。
★祭会場における、当エッチング板の関連商品の発売予定は以下の通りです。
アルモデル 『静鉄駿遠線キハC3』用 片ボギー式動力ユニット(半完成。台車枠は組立・取付加工要)
・アルモデル 第8回軽便鉄道模型祭記念品用パーツセット(プラ板ヒートプレス屋根板、エンジン、ヘッドライト、ベンチレーター、カプラーのセット)
・北野工作所 キハC3用屋根板素材(材質:MDF。断面のみ大まかに切削済、曲面出しはユーザーが加工)

★ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』の9/24以降、7回にわたりアップしてあります。参考になさって下さい。
(1) (内張り板について)
(2) (車体のハコ組)
(3) (ヘッドライト、鮮魚台の取付と屋根の製作)
(4) (エンジン、床下の加工)
(5) (ラジエター給水管の加工/テンプレートについて)
(6) (塗装)
(7) (レタリング入、完成)

★キハC3の実物の写真は、ウェブ上ではむーさんの鉄道風景でご覧いただけます。
 ・静鉄駿遠線車両図鑑
 ・大手駅のキハC3
 ・藤枝本町駅のキハC3


【2012.9.25訂補】
・組立サンプルの画像を追加しました。
【2012.10.3訂補】
・エッチング板本番品の画像と追加情報をアップしました。

【2012.10.9追記】 今回の組立説明書をアップ致しました。
PDF(約1.8MB)
【第8回】記念製品 静鉄駿遠線キハC3 エッチング板 _a0100812_222513.jpg


【2012.10.10訂補】
・『牧場通信』の製作記事へのリンクを追加しました。
by maruk-fes | 2012-09-17 13:49 | 記念製品(エッチング板)

【第7回】木曽の関電松岡10tDL エッチング板 補足情報

今回の記念エッチング板『木曽の関電松岡10tDL』についての補足情報です。
【第7回】木曽の関電松岡10tDL エッチング板 補足情報_a0100812_1385396.jpg

●組立説明書の訂正・補足

★1頁目『組立ての前に』ポンチマーク位置説明
[ボンネット上表面:排気管用/ボンネット側カバー・キャブ扉裏面:手スリ用、台枠後方裏面:ステップ用、台枠四隅表面:ボルト用]
   ↓
[ボンネット天板裏面:排気管用・手スリ用/ボンネットカウル裏面・キャブ扉裏面:手スリ用/キャブ側板前端窓下裏面:バックミラー用/ラジエターグリル内板裏面:標識灯用/台枠四隅表面:ボルト用]

★1頁目 パーツ一覧図
『台枠外板』の位置決め用突起が消えていたため、図を修正しました。

★2頁目 下端左写真にキャプション追加
『写真の床板はPU101使用の場合』

●上記の訂正内容を反映した修正版の説明書をアップ致しました。
ダウンロードのうえご利用下さい。
PDF(約4.3MB)
【第7回】木曽の関電松岡10tDL エッチング板 補足情報_a0100812_1362953.jpg


【2011.10.7追記】
●デカールについて
当エッチング板の組立作例に使用されているデカールについて分売のお問合せを複数いただいておりますが、このデカールは現役実在企業のロゴマークを象った図柄である関係上、公に頒布する予定はございませんので悪しからずご了承下さい。

※なお、作例のデカールはMS Wordで原稿を作成し、クリアデカールにアルプスMDプリンタでブラック→マゼンタの2色重ね刷りをして茶色に近い色調を出したものです。自作をご検討の方の参考になれば幸いです。


【2011.10.23追記】
関電松岡10tの、諸先輩方から提供頂いた現役時代の写真を、木曽モジュール倶楽部のサイトにアップ致ししました。
木曽・関電松岡10tのアルバム
一部説明書の写真と重複する画像もありますが、皆様の製作のご参考になれば幸いです。
by maruk-fes | 2011-10-06 01:43 | 記念製品(エッチング板)