カテゴリ:記念製品(エッチング板)( 22 )

記念エッチング板 『ヤフオク!』による即決販売のご案内

今回(第14回)の記念製品を含む車体エッチング板3種を、来る10月3日より『ヤフオク!』の即決形式(フリマ出品)にて販売致します。
・出品するエッチング板は以下の3種類です。いずれも1枚ずつで出品を行い、在庫がなくなり次第出品を終了致します。
・お支払方法は『Yahoo!かんたん決済』のみとなります。

●第1回出品 10/3 0:00~実施
土佐造船6枚、仙北3枚、千頭3枚 落札済
●第2回出品 10/5 0:00~実施
土佐造船6枚、仙北4枚、千頭4枚 落札済 ※仙北・千頭の在庫は終了しました。
●第3回出品 10/7 23:00~実施
土佐造船6枚 落札済

・おかげさまで通販割当分も完売致しました。ありがとうございました。


【第14回記念】熊本・内大臣の野村式DL(土佐造船鉄工所4.8t)(→製品詳細)
★完売となりました
動力はアルモデルの『アルパワーN10.2S』を使用。
a0100812_15444383.jpg

【再生産】第10回記念 仙北鉄道DC103(→製品詳細)
★完売となりました
今年のプレイベント『軽便讃歌Ⅸ』でもフィーチャーされた仙北鉄道のロッド式DLです。動力はアルモデル『ロッド付C型DL用動力装置』を使用。
a0100812_16313881.jpg

【再生産】第13回記念 千頭/三塩の酒井3.5t内燃機(→製品詳細)
★完売となりました
昨年ご好評をいただいた酒井3.5t機のバリエーションキットです(1枚の板から、3種類のうち1種を製作可能)。動力はアルモデル『アルパワーN10.8S』を使用。
a0100812_01412738.jpg

※写真はいずれも、別売の動力やパーツを用いて仕上げた完成見本です。

upload: 2018.10.2
last update: 2018.10.8



[PR]
by maruk-fes | 2018-10-02 02:56 | 記念製品(エッチング板)

【第14回】記念製品 熊本・内大臣の野村式DL(土佐造船鉄工所4.8t) 車体エッチング板

a0100812_02131294.jpg
大変お待たせいたしました、第14回の記念製品(エッチング板)の車種をご案内いたします。
今回の題材は、九州・熊本の内大臣(ないだいじん)森林鉄道で使われていたというディーゼル機関車で、熊本城に隣接する監物台(けんもつだい)樹木園に今も保存されている現車の実測寸法をベースに設計いたしました。
メーカーの『土佐造船鉄工所』は、全国各地の森林鉄道、中でも四国や九州に多くの機関車を送り込んだ『野村組工作所』の後身に当たる会社で、野村組の解散(昭和31/1956年)後もそのパテントに拠る機関車を製造した実績があります。銘板に『野村式ディーゼル機関車』と記されている所以です。
現在保存されている機体は、昭和36年に内大臣森林鉄道に導入、本線の廃止後は鴨猪谷支線に転じ、同線の廃止(昭和42/1967年頃)まで活躍したと推測されているもの。ボンネット側面や屋根形状などにやや近代的な意匠が見られるものの、両端の切れ上がった独特の形状の板台枠や、自動車のステアリングホイールと見紛うキャブ内のブレーキハンドルに“野村組”の特徴が色濃く表れています。
なお、土佐造船製の機関車は、熊本営林局管内では内大臣以外に綾森林鉄道、大口森林鉄道、宮之浦森林軌道(屋久島)に導入された記録があるそうですが、その全貌は依然明らかではないそうです。

製品のスケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。車体のみのエッチング板ですが、ぜひ皆様の創意工夫でお楽しみ下さい。
キットは9月30日の祭の会場にて販売致します。
会場頒布数量:200枚・価格:1枚3,500円です。

a0100812_00411663.jpg
▲製品状態のエッチング板。今回、台枠のディテールをより凝りたい方向けに、側台枠の縁取り部分に、お好みでリベットを裏面から押し出しで表現するためのパターンを設けています(外側ランナー部にはリベット打ちの練習用パターンも用意しました)。ケガキ針ないしは画鋲を片手に、気軽にリベット打ちをお楽しみいただけます。
また、おまけパーツには、昨年の『千頭/三塩の酒井3.5t』のキャブの追加バリエーションで、音水森林鉄道にいたL型車体機のキャブ部品(Hゴム前面窓、側扉、後妻板)を盛り込みました(キャブ本体は『千頭L』を使用。▼写真は使用作例)。
a0100812_02055852.jpg

a0100812_00462679.jpg
▲アルモデルより発売の専用動力『アルパワーN-10.2S』。
WB:10.2mm、動輪径:φ5.2、モーターは0610サイズで、ギヤ比1:49.2の2段減速。動力本体以外に、エッチング抜きの飾りスポーク輪芯、ホワイトメタル製ヘッドライト5個、M1.2ビス(銀2mm長:上・下回り固定用、黒4mm長:他社品カプラー取付用)が付属します。
当日会場内のアルモデルのブースでお求めになれます(価格:4,900円+税)。
なお、素組みをする場合に、この動力セット以外で最低限必要なものは、排気管用のパイプ(φ0.8)とブレーキハンドル用の真鍮線(φ0.3)です。

a0100812_15444383.jpg
a0100812_15445855.jpg
a0100812_15450864.jpg
▲試作品をベースとした塗装仕上見本(製作:栗島松雄)。現在の保存機に準じたライトブルー仕上げです。現役当時の塗色は不明ですが、内大臣森林鉄道導入機の昭和36年撮影の写真では、濃い目の1色塗りで、キャブ側扉に白文字で『熊本營林局 矢部營林署』のレタリングが入っていました。
なお、他線区の導入機では、宮之浦森林軌道のものが『1台が薄い青、もう1台が緑だった』という証言があるそうです。


●実物(監物台樹木園保存機)の写真

★1983年5月撮影(P:西 裕之)
a0100812_01270047.jpg
この頃はコンクリート製の建屋の中に仕舞われていた。すでに塗装はライトブルー一色塗りだったという。
a0100812_01271434.jpg
 
a0100812_01270874.jpg

★2004年6月撮影(P:奥 清博)
a0100812_01053489.jpg
その後、園内の別の場所に移されて今日に到る。ライトブルーのままだが、ビームに黒、床板等に黄色が色差しされた。
a0100812_01165261.jpg
a0100812_01060403.jpg
a0100812_01074491.jpg
a0100812_01082804.jpg
▲台枠右側後方に貼られている『野村式ディーゼル機関車』特許表示入りの製造銘板。製造は昭和36/1961年6月。
a0100812_01085830.jpg
▲保存機の説明板。搭載機関はいすゞDA-120。
a0100812_01183239.jpg
▲一緒に並べて保存されている木製の運材台車。
内大臣森林鉄道における運材は、材を載せた単台車を複数連結して機関車で牽引するスタイルだった。


●参考リンク
 (熊本震災後の2017年夏撮影。機関車には地震そのものによる被害がないことが判る)
 (土佐造船製機関車の現役当時の写真〔内大臣/綾〕を掲載)

●ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』で9/13より順次アップしています。参考になさって下さい。

【2018.10.13追記】
★組立説明書にて、記述等に誤りがありましたので訂正版をアップ致しました。
・1頁目の一部文面を削除(下画像 赤抹消線部)
・他、『パーツ一覧』の図が印刷時原寸大にならない不具合、裏面キャプション文字欠け等を修正
a0100812_23473545.jpg
※このファイルを印刷される場合、以下画像のように、用紙A4で『カスタム倍率:100%』に設定すると、1頁目の三面図およびパーツ一覧図が実物の原寸大で出力されます。
a0100812_23545050.jpg

【お願い】
以前の発売品も含め、軽便祭記念エッチング板製品に関するお問い合わせは
メールにて発売元の軽便鉄道模型祭事務局宛にお願い致します。
アドレス: keibenfes●gmail.com (お手数ですが、●を半角アットマークに置き換えて下さい)
設計製造元(アルモデル)への問い合わせはご遠慮下さい。



[PR]
by maruk-fes | 2018-09-26 02:21 | 記念製品(エッチング板)

【第14回】記念製品<速報> 熊本・内大臣の野村式DL(土佐造船鉄工所4.8t)車体エッチング板

第14回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回は、熊本営林局 内大臣森林鉄道で使われていた、土佐造船鉄工所製の“野村式”4.8tDLです。(スケール:HO、ゲージ:9mm)
価格や仕様等の詳細は、9月下旬に改めてご案内致します。ご期待下さい。
※掲載の写真は試作品のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。

a0100812_00415632.jpg


a0100812_00420416.jpg

[PR]
by maruk-fes | 2018-08-24 01:30 | 記念製品(エッチング板)

【第13回】記念製品 千頭/三塩の酒井3.5t内燃機 車体エッチング板

a0100812_01412738.jpg
▲いままでの記念エッチング板の中では、第6回の『プリムスFL-1』と肩を並べる最小クラスの機種です。手前の1円玉でその大きさを実感して下さい。

第13回の記念製品(エッチング板)の車種をご案内いたします。
今回の題材は、森林鉄道で活躍した酒井工作所の3.5t内燃機関車。東京営林局 千頭(せんず)森林鉄道の奥地の作業軌道で用いられた凸型ディーゼル機・L型ガソリン機と、山梨県林務部 三塩(さんえん)森林軌道のL型ガソリン機の3種類の中から、任意の1種を製作可能なバリエーション・キットとしています。
いずれも、現役当時の写真が数えるほどしか残されていないような機関車ですが、西 裕之さんの資料協力と監修により製品化が実現しました。

ちなみにこの3機種、内2機種がL型車体とはなっていますが、酒井のメーカー形式では『B型』(鋳鋼台枠/ローラーチェン駆動/センターキャブ)のカテゴリに含まれます。
どの機関車も、山トロによる乗り下げ運材を行う軌道が活躍の場であったため、伐木を積んだ台車の牽引ではなく空車の引上げが主な役割でした。
a0100812_01303191.jpg
製品のスケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
車体の基本部分のみのエッチング板ですが、ぜひ皆様の創意工夫でお楽しみ下さい。
キットは10月1日の祭の会場にて販売致します。
頒布数量:230枚・価格:1枚3,500円です。
a0100812_01511960.jpg
▲製品状態のエッチング板。おまけパーツはどっさりのピン&リンクや当機種には使わない砂箱のフタなど。外側ランナー部には屋根カーブ/手スリ孔のテンプレートが含まれます。
a0100812_01411777.jpg
▲アルモデルより発売の専用動力『アルパワーN-10.8S』
WB:10.8mm、動輪径:φ5.2、モーターは新規採用の0610サイズで、ギヤ比1:49.2の2段減速。動力本体以外に、ホワイトメタル製のエアクリーナーと固定用のM1.2ビスが付属します。
当日会場内のアルモデルのブースでお求めになれます(予価:4,900円+税)。
a0100812_01421427.jpg
▲3種の塗装仕上見本(製作:栗島松雄)。3種類のうち、実際の塗色が明確なのは中央の『千頭L型』だけで、残り2機種は推測によるものです。

a0100812_00461575.jpg
▲紅葉の作業軌道のレイアウトをゆく三塩L型(製作:須々木裕太)

●キットの仕上作例の製作手順を、ブログ『牧場通信』にアップしてあります。
 序 いよいよ酒井です!
 ①板の内容
 ②台枠の組立
 ③ボンネットの組立
 ④エアクリーナー等 ボンネット上ディテール
 ⑤キャブの組立
 ⑥キャブ屋根の曲げ方
 ⑦ヘッドライト取付等、完成

●なお、プロトタイプの写真は、以下の書籍に掲載されています。
・『賛歌 千頭森林鉄道』(谷田部英雄/文芸社)=千頭凸型(p68)・千頭L型(p55)
・JTBキャンブックス『全国森林鉄道』(西 裕之/JTB)=三塩L型(p92)


【2017.10.2追記】
この板は、おかげさまで祭当日に完売となりました。

【2017.11.3追記】
組立説明書にて、図解の不備等がありましたので訂正版をアップ致しました。
(以下の画像の、赤枠で囲んだ部分が主な修正箇所となります)
a0100812_10443709.jpg
update:2017.11.3
[PR]
by maruk-fes | 2017-09-26 03:00 | 記念製品(エッチング板)

【第13回】記念製品<速報> 千頭/三塩の酒井3.5t内燃機 車体エッチング板

第13回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回の題材は、森林鉄道で活躍した酒井工作所製の3.5t内燃機関車。
東京営林局 千頭(せんず)森林鉄道の作業軌道で用いられた凸型ディーゼル機・L型ガソリン機と、山梨県林務部 三塩(さんえん)森林軌道のL型ガソリン機の計3種類の中から、任意の1種を製作可能なバリエーション・キットです。(スケール:HO、ゲージ:9mm)
※掲載の図面・写真は試作品のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。

【追加情報】
・エッチング板の頒価は1枚 3,500円 となります。
・アルモデルよりWB10.8mmの専用動力が発売されます。当日会場内でお求めになれます。
・キットの仕上作例の製作手順を、ブログ『牧場通信』にて順次アップ中です。
 序 いよいよ酒井です!
 ①板の内容
 ②台枠の組立
 ③ボンネットの組立
 ④エアクリーナー等 ボンネット上ディテール 
 (続く)
a0100812_18074025.jpga0100812_02280204.jpg


★詳細をアップ致しました。 こちらをご覧下さい。

update: 2017.9.23

[PR]
by maruk-fes | 2017-08-22 02:37 | 記念製品(エッチング板)

記念エッチング板 委託販売のご案内

『軽便鉄道模型祭』の記念エッチング板は、いままでは原則として祭の会場のみで販売をおこなってまいりましたが、この度、会場においでになれない方のために、在庫のある品種について業者様にて委託販売をお願いすることに致しましたのでご案内致します。

●第12回(2016年) 南筑の単端
 ・アルモデル(専用動力とセットでのみの販売となります)
 ・ナローガレージ(委託品ページ)

●第11回(2015年) 仙北鉄道DC102
 ・ナローガレージ(委託品ページ) 完売となりました

取扱店・販売方法は各々のリンク先をご参照下さい。
いずれも、各々の業者様にて在庫がなくなり次第終了となります。

a0100812_10321098.jpga0100812_01024245.jpg

[PR]
by maruk-fes | 2017-01-13 01:45 | 記念製品(エッチング板)

【第12回】記念製品 南筑軌道2 単端式ガソリンカー

a0100812_6191598.jpg
大変お待たせいたしました、第12回の記念製品をご案内いたします。
今回の題材は、むかし九州で特に多くみられた3フィート軌間の軽便のひとつ・南筑軌道(明治36/1903年開業-昭和15/1940年廃止)の単端式ガソリンカー。
南筑軌道といえば、“ブタ”とも渾名された石油発動機関車の活躍で知られていますが、その傍らで存在した3輛の単端式気動車のうちの1輛が、エッチング板のプロトタイプ・『2』番です。キャブオーバースタイルの片ボギー車で、“馬面”と称しても差し支えない狭幅の車体に4枚窓の表情がチャームポイント。
実車は昭和11/1936年中の製造とみられており、活躍の期間は廃止までのわずか4年程にすぎませんでしたが、牧野俊介さんが撮られたたった1枚の写真(エリエイ刊『自転車に抜かれたコッペルたち』等に掲載)のおかげで、その姿を記憶されているファンの方は多いのではないでしょうか。
a0100812_1231044.jpg
模型のスケールはHO、ゲージは実物通りなら10.5mmとなりますが、専用動力・推奨動力は便宜上9mmとしてあります。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
車体の基本部分のみのエッチング板ですが、ぜひ皆様の創意工夫でお楽しみ下さい。
キットは10月9日の祭の会場にて販売致します。
頒布数量:200枚・価格:1枚3,500円です。

a0100812_6255962.jpg
▲製品状態のエッチング板。車体部分以外には、KATO Bトレ動力使用の場合の台車枠と、屋根・妻面のカーブのテンプレートが含まれます。
a0100812_10321098.jpg
▲試作品ですが、未塗装の組立例。別売パーツ・素材はヘッドライトと救助網取付用のパイプのみ追加し、専用動力を装着したものです。
屋根の先端部は、櫛状に抜けた部分を形を整えてからハンダを盛って隙間を埋め、さらにヤスリがけによって仕上げます。
a0100812_10344424.jpg
▲アルモデル製の専用動力キット。(4,600円+税で会場内同社ブースにて販売予定)
動力本体は2段減速・1軸駆動のユニットで組立調整済。床板を含む、全軸集電構造のボギー台車周りの組立がポイントとなります。キットにはスケール通りの軸距の台車枠と、車体への取付け用ビス、ホワイトメタル製おわん型ヘッドライトが含まれます。
a0100812_1036143.jpg
▲動力には、KATO Bトレインショーティー用ボギー動力も使用可能です。台車枠を削ってエッチング板付属の台車枠を取付け、トレーラー側の台車は車輪を1軸外して首振りも固定し1軸台車に見立てます。車体への取付ステーは、2mm厚のプラ板等で自作して下さい。工作には難接着素材用の接着剤(合成ゴム系ないしは変性シリコン系)が必要です。
a0100812_1046434.jpg
a0100812_12243100.jpg
▲組立塗装作例。ライトはエコーのロスト製おわん型、側窓にφ0.3線で保護棒取付け、足回りには自作の排気管とダミーのプロペラシャフト。車体は黒一色のかわり、鉛丹色の屋根とニス色の窓枠でアクセントをつけています。実車の正確な塗色は不明ですので、ここはひとつ皆様のお好みの色で仕立てて下さい。(製作:栗島松雄)

★ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』で9/28より順次アップしています。参考になさって下さい。
(-) (はじめに)
(1) (部品構成の紹介、側板組立)
(2) (妻板組立)
(3) (車体組立、救助網)
(4) (屋根の工作)
(5) (アルモデル製専用動力の組立と排気管の工作)
(6) (塗装〔試作版〕)
(7) (塗装〔製品版、チッピング塗装例〕)

【2016.10.10追記】 今回の組立説明書をアップ致しました。
PDF(1.73MB)


【お願い】
以前の発売品も含め、軽便祭記念エッチング板製品に関するお問い合わせは
メールにて発売元の軽便鉄道模型祭事務局宛にお願い致します。
アドレス: keibenfes●gmail.com (お手数ですが、●を半角アットマークに置き換えて下さい)
設計製造元(アルモデル)への問い合わせはご遠慮下さい。
 

[PR]
by maruk-fes | 2016-10-02 12:40 | 記念製品(エッチング板)

【第12回】記念製品<速報> 南筑軌道 単端式ガソリンカー 車体エッチング板

第12回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回は、南筑軌道の単端式ガソリンカー『2』です。(スケール:HO)
価格や仕様等の詳細は、9月下旬に改めてご案内致します。ご期待下さい。
a0100812_1505992.jpg
※写真は試作品のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。
[PR]
by maruk-fes | 2016-08-28 15:06 | 記念製品(エッチング板)

【第11回】記念製品 仙北鉄道DC102 車体エッチング板 

大変お待たせいたしました、第11回の記念製品をご案内いたします。
今回は、なんと昨年に引き続きで 仙北鉄道のDL・DC102です。スケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
車体の基本部分のみのエッチング板ですが、ぜひ皆様の創意工夫でお楽しみ下さい。

キットは10月4日の祭の会場のみでの販売となります。
頒布数量:200枚・価格:1枚3,500円です。

a0100812_01013482.jpg
●実車は1952/昭和27年に、同社の立山重工製蒸機・C156の足回りを利用して協三工業にて製造されました。機関は日野DA55を搭載。グリルやキャブの造作はやや無骨で、キャブ後方の機器室の尻下がりスタイルとも相まって、車歴わずか1年違いのDC103の軽快さとは好対照をなしています。鉄道の廃止後は、旧・登米駅付近の公園にキハ2406などとともに保存されていましたが、いつしか解体され、現在は動輪2軸のみが残されています。

a0100812_01054231.jpg
▲製品状態のエッチング板。今回の機種は、デッキ上の大きなコ型の手スリが欠かせぬディテールでもあることから、手スリやドアハンドル類もエッチング抜きのものを一通りアソートしています。ランナーには手スリを線材で自作する場合の折曲げ用治具と、削って丸みを表現するボンネット/キャブの側断面形状テンプレートが含まれます。

a0100812_01024245.jpg
a0100812_01054826.jpg
▲手スリはデッキ上の物のみ使用し、別売パーツはヘッドライトとタイフォンだけ追加した未塗装組立例。ボンネットやキャブの角の丸みのついた部分は、各自でヤスリがけによる仕上げが必要です。特にキャブのオデコは意外と複雑な形状のため、その再現は皆様の腕の奮いどころです。

a0100812_03532706.jpg
▲動力は、アルモデルから発売の『ロッド付C型DL用動力装置【2】』が最適です。昨年のDC103用と基本構造は同じですが、ホイールベースを実車に合わせて10.6+10.6mmに縮めています。ただし、動輪径は実物通りならφ8.4となるところを、パーツの関係でφ7.0を使用していますのでその辺はご留意下さい。
他機種・他社の動力も工夫次第で使用できます。

a0100812_05373431.jpg
a0100812_05374233.jpg
▲ディテールアップと塗装を施した作例。塗色は作者の好みで明るめのブルーで仕上げ。(製作:島松雄)

a0100812_03302678.jpg
▲▼廃止後、旧登米駅構内外れの児童遊園に保存されていた仙北鉄道の車輛たち。DC102のほか、キハ2406やボギー客車、貨車もいたが、惜しくも後年解体されている。1973.8 P:須々木裕太
a0100812_03303466.jpg
 
★ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』で9/25より順次アップしています。参考になさって下さい。
(1) (ボンネット、キャブの組立)
(2) (キャブ水切り、床板・端梁)
(3) (全体組み立て)
(4) (ディテールアップパーツの紹介)
(5) (動力ユニットの加工、塗装)
(6) (完成)

【2015.10.6追記】 今回の組立説明書をアップ致しました。
PDF(約1.9MB)

【お願い】
以前の発売品も含め、軽便祭記念エッチング板製品に関するお問い合わせは
メールにて発売元の軽便鉄道模型祭事務局宛にお願い致します。
アドレス: keibenfes●gmail.com (お手数ですが、●を半角アットマークに置き換えて下さい)
くれぐれも、設計製造元(アルモデル)への問い合わせはご遠慮下さい。
 

[PR]
by maruk-fes | 2015-09-28 04:25 | 記念製品(エッチング板)

【第11回】記念製品<速報> 仙北鉄道DC102 エッチング板

第11回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回は、まさかの昨年に引き続きで 仙北鉄道のDL・DC102です(スケール:HO、ゲージ:9mm)
前回にも増して削り甲斐のある(!)キットです。価格や仕様等の詳細は、9月中に追ってご案内致します。どうぞご期待下さい。

a0100812_06413295.jpg※写真は試作品のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。
[PR]
by maruk-fes | 2015-09-15 06:46 | 記念製品(エッチング板)