人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『エア軽便祭2021』総合ご案内

★『エア軽便祭2021』〔2021年9月26日(日) 10~17時開催〕の閲覧方法の簡単なご案内と、投稿参加方法およびエッチング板販売へのリンクです。9月26日一杯までこのエントリをトップに置きます


■『エア軽便祭』の見かた(閲覧方法)

エア軽便祭に自分では投稿しない(できない)けれど、他の方々の投稿を見てみたい、という皆様へ。
今回の場合は、2021年9月26日のAM10時以降に、PC、タブレットやスマホのブラウザで、ツイッターの軽便祭公式アカウントページ https://twitter.com/keibenfes (@keibenfes)を開いて下さい。
ツイッターのユーザーでない方でも、投稿を閲覧することができます。
『エア軽便祭2021』総合ご案内_a0100812_00445299.png
▲ツイッターの軽便祭公式アカウントページの、PCの場合の表示画面サンプル。上から新しい順に参加投稿が並んでいますので、画面を縦にスクロールしながらご覧下さい。


■投稿による参加のしかた

ツイッターのユーザーで、ご自分で投稿をしたい方は、以下のエントリの投稿方法をご参照下さい。
投稿期間は、9月26日の10~17時の間です。



■記念エッチング板の販売について

 今回は、今年の記念板『カナ書きカトウ5tDL』と、第13回の再生産『千頭/三塩の酒井3.5t』の2種類を通信販売にて頒布致します(10月3日開始)。ご購入方法は以下をご覧下さい。





# by maruk-fes | 2021-09-26 09:00 | ご案内

【第17回/エア2021】記念エッチング板の通販に関するご案内

■エッチング板の販売方法について

今回の軽便祭は、昨年同様にオンライン開催で会場直販が不可能なため、エッチング板はナローガレージ様の通販にて販売をいたします。
販売開始は、10月3日(日)午前10時からエア軽便祭2021開催の一週間後)となります。
・価格:1枚 4,950円(本体4,500円+税)
 ※製造数全てを委託販売とするため、会場直販前提の価格設定では原価の回収が困難なことから、この価格とさせていただいております。何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。
・通販専用サイトは以下のリンク先となります。
 10月3日の販売開始までは『クローズ中』ないしは『(在庫ステータスが)SOLD OUT』となっていますのでご注意下さい。
 購入可能数量は、1アイテムにつきお1人様3枚までとなります。
 また、ナローガレージ扱いの他社製品との合わせ買いはできませんので、あしからずご了承下さい。




■販売品目

今年の新規製品です。品名のごとく、台枠等のメーカー名陽刻が片仮名書きの『カトウ』となっている加藤製内燃機。
プロトタイプは仁別森林鉄道D-40(現在は山形県真室川町にて動態保存)で、他にキャブ等の異なる2機種を選択可能なコンバージョンキットです。
【第17回/エア2021】記念エッチング板の通販に関するご案内_a0100812_20460856.png


2017年・第13回記念製品の2度目の再生産です。
板の内容は不変ですが、推奨動力装置が『アルパワーNZ10.8S(品番B4016)』に変更となっています。
【第17回/エア2021】記念エッチング板の通販に関するご案内_a0100812_01412738.jpg



# by maruk-fes | 2021-09-21 00:01 | 記念製品(エッチング板)

【第17回/エア2021】記念製品 カナ書きカトウ 5tDL 車体エッチング板

大変お待たせいたしました、第17回の記念製品(エッチング板)についてご案内いたします。
今回の題材は、かつて秋田営林局秋田営林署の仁別森林鉄道で活躍した加藤製作所製の5tDLで、台枠やラジエターのメーカー名陽刻が『KATOWORKS』ではなく片仮名書きの『カトウ』となっている変わり種です。これは同社が第二次大戦中に製造した機体の一部にみられ、とくに東北地方の森林鉄道では複数の導入事例が確認できます。加藤製の機関車における片仮名表記は、戦時中のいわゆる"敵性語排斥"の風潮との関連も推測可能ではあるものの、実際の採用の理由は明らかになっていないのが実情です。

このキットは、仁別森林鉄道の管理番号D-40(現在山形県真室川町の『梅里苑』で動態保存 )、外観はD-40に酷似するもキャブ高さが異なる仁別の別機体・管理番号33‐092、キャブが低く背面に窓枠も無い戦前型テイストの『N型タイプ』の3種類の中からお好みの一台を作ることができます。また、台枠とラジエターは『カトウ』の他に通常の『KATOWORKS』表記のパーツも入れてありますので、そちらも好みで選択可能です。
製品のスケールはHO、ゲージは9mm(6.5mm化も可能)。設計・製造はアルモデルにお願いしています。車体のみのエッチング板ですが、ぜひ皆様の創意工夫でお楽しみ下さい。

【第17回/エア2021】記念製品 カナ書きカトウ 5tDL 車体エッチング板_a0100812_12373878.jpg
▲仁別森林鉄道D-40(→真室川保存)のフロントビュー
【第17回/エア2021】記念製品 カナ書きカトウ 5tDL 車体エッチング板_a0100812_20460856.png
▲この3種類の中から1台を製作可能
■販売方法について
・今回の軽便祭も、昨年に引き続きオンライン開催で会場直販が不可能なため、エッチング板はナローガレージ様の通販にて販売をいたします。
販売開始は、エア軽便祭開催の一週間後:2021年10月3日(日)午前10時からとなります。
・価格:1枚 4,950円(本体4,500円+税)
・通販専用サイトは以下のリンク先となります。10月3日の販売開始までは、サイト自体がクローズ状態、ないしは在庫ステータスが『SOLD OUT』となっていますのでご注意下さい。

【第17回/エア2021】記念製品 カナ書きカトウ 5tDL 車体エッチング板_a0100812_12374346.jpg
▲仁別D-40のリアビュー
【第17回/エア2021】記念製品 カナ書きカトウ 5tDL 車体エッチング板_a0100812_14322935.jpg
▲台枠・ラジエターの刻印は『カトウ』『KATOWORKS』の両方を用意。お好みで選択できます。
【第17回/エア2021】記念製品 カナ書きカトウ 5tDL 車体エッチング板_a0100812_10180434.jpg
▲製品状態のエッチング板。おまけ部品は、半開/全開用のパーツ(エンジンレリーフ、砂箱レリーフ、変速機用プレート〔KST と KATOWORKS SHINAGAWA TOKYOの2種〕、カウル支持ステー、エンジンマウント)、TKW(常磐産業)刻印の軸受フタ など。

【第17回/エア2021】記念製品 カナ書きカトウ 5tDL 車体エッチング板_a0100812_12371057.jpg
▲推奨動力 アルモデル『アルパワーNZ12S』(品番B4026 価格:5,400円+税)
WB:12mm、動輪径:⌀5.2、モーターは0610サイズで、ギヤ比1:49.2の2段減速。動力本体以外に小型オワンライト2個、ビス2種類(M1.2×2鉄[銀]6本、M1.2×2プラ2本)、洋白エッチング製のスペーサー(当キットには不使用)が付属します。


★今回のエッチング板のプロトタイプについては、追って別エントリにてご紹介する予定です。



# by maruk-fes | 2021-09-20 22:43 | 記念製品(エッチング板)

【第17回/エア2021】記念製品<速報> 『カナ書きカトウ』5tDL 車体エッチング板

●第17回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回は秋田営林局 仁別森林鉄道の加藤製作所製5tディーゼル機関車。台枠等のメーカー名陽刻がKATOWORKSではなく片仮名のカトウになっていることから『カナ書きカトウ』として知られる機体で、現在は山形県真室川町にて動態保存されています。(スケール:HO、ゲージ:9mm)
価格や仕様等の詳細は、9月中旬に改めてご案内致します。ご期待下さい。
【第17回/エア2021】記念製品<速報> 『カナ書きカトウ』5tDL 車体エッチング板_a0100812_15013429.png
※掲載の図は試作段階のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。

【第17回/エア2021】記念製品<速報> 『カナ書きカトウ』5tDL 車体エッチング板_a0100812_15165552.jpg
プロトタイプは現在『まむろ川温泉 梅里苑』にて動態保存されている 2021.6.4 P:cjm

●また、今年は再生産品として、2017年(第13回記念)の『千頭/三塩の酒井3.5t内燃機』の頒布も行います。 立山砂防軌道
【第17回/エア2021】記念製品<速報> 『カナ書きカトウ』5tDL 車体エッチング板_a0100812_01412738.jpg
●頒布方法:今回も軽便祭はオンライン開催となるため、2種類とも製造数全量をナローガレージにて通信販売致します。
申込専用サイトは、販売開始日が近づきましたら、あらためてご案内致します。



# by maruk-fes | 2021-09-06 08:00 | 記念製品(エッチング板)

【第17回/エア2021】ポスターができました

昨年に引き続きオンライン開催となる第17回の祭ですが、もちろん公式ポスターは作りましたのでアップいたします。
今回は、”糸魚川のチビロコ”として親しまれ、保存鉄道・遊覧鉄道を除けば日本国内最後の軽便蒸機が走る鉄道でもあった、東洋活性白土専用線がモチーフの絵柄2種類となります。

なお、プリントアウト用のファイルは下記リンク先にあります。

模型店様での掲示や配布、ブログ/SNSへのアップなど、『祭』の宣伝用にどうぞご自由にお使い下さい。

【第17回/エア2021】ポスターができました_a0100812_18501594.jpg
【第17回/エア2021】ポスターができました_a0100812_18502202.jpg


# by maruk-fes | 2021-08-07 18:23 | 公式ポスター