人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【第17回】『エア軽便祭2021』ご参加ありがとうございました

■ご参加御礼
コロナ禍対応で昨年に引き続きオンライン開催とさせていただいた第17回軽便鉄道模型祭『エア軽便祭2021』。昨年と異なり、投稿受付時間を昼間の10~17時の間に限る形といたしましたが、それでも総計858件のご投稿をいただき、盛況のうちに終えることができました。ご参加いただいたすべての皆様に厚くお礼を申し上げます。

★『エア軽便祭2020』参加ツイートをご覧になるには
参加ツイート(=事務局アカウントがリツイートした投稿)は、引き続きTwilogの以下の日付でご覧いただけます。
軽便鉄道模型祭(軽便祭)公式(@keibenfes)/2021年09月26日 - Twilog
軽便鉄道模型祭(軽便祭)公式(@keibenfes)/2021年09月27日 - Twilog
軽便鉄道模型祭(軽便祭)公式(@keibenfes)/2021年10月10日 - Twilog 
(※9月27日の一部および10月10日は、開催当日RT漏れのツイートを追加したものです)
【第17回】『エア軽便祭2021』ご参加ありがとうございました_a0100812_00225103.png

▲Twilogの閲覧方法

★記念エッチング板の通販は10/3 AM10時より開始です


★『軽便鉄模アンテナ』リンク集とまとめ
・2021第17回軽便鉄道模型祭(エア軽便祭2021)



■次回の開催について (update:2021.10.6)
来年の開催日につきましては、以下の日程にて綿商会館の利用予約をいたしました。
●2022年10月1日(土):プレイベント『軽便讃歌Xl』
●2022年10月2日(日):『第18回 軽便鉄道模型祭』
また、実際の開催形態については、2022年の初夏頃に決定の上あらためてご案内致しますので、宜しくお願い致します。

  

# by maruk-fes | 2021-10-02 02:48 | その他お知らせ

『エア軽便祭2021』総合ご案内

★『エア軽便祭2021』〔2021年9月26日(日) 10~17時開催〕の閲覧方法の簡単なご案内と、投稿参加方法およびエッチング板販売へのリンクです。9月26日一杯までこのエントリをトップに置きます。


■『エア軽便祭』の見かた(閲覧方法)

エア軽便祭に自分では投稿しない(できない)けれど、他の方々の投稿を見てみたい、という皆様へ。
今回の場合は、2021年9月26日のAM10時以降に、PC、タブレットやスマホのブラウザで、ツイッターの軽便祭公式アカウントページ https://twitter.com/keibenfes (@keibenfes)を開いて下さい。
ツイッターのユーザーでない方でも、投稿を閲覧することができます。
『エア軽便祭2021』総合ご案内_a0100812_00445299.png
▲ツイッターの軽便祭公式アカウントページの、PCの場合の表示画面サンプル。上から新しい順に参加投稿が並んでいますので、画面を縦にスクロールしながらご覧下さい。


■投稿による参加のしかた

ツイッターのユーザーで、ご自分で投稿をしたい方は、以下のエントリの投稿方法をご参照下さい。
投稿期間は、9月26日の10~17時の間です。



■記念エッチング板の販売について

 今回は、今年の記念板『カナ書きカトウ5tDL』と、第13回の再生産『千頭/三塩の酒井3.5t』の2種類を通信販売にて頒布致します(10月3日開始)。ご購入方法は以下をご覧下さい。





# by maruk-fes | 2021-09-26 16:59 | ご案内

【重要なお知らせ】エア軽便祭2021の閲覧・投稿について(2021.9.21 12:15) 

軽便祭公式アカウントによるRTが、9/26 11:50頃の時点で1日の上限に達したため、概ねAM11:45以降にご投稿いただいたツイートのRTができなくなりました。誠に恐れ入りますが、ツイートの閲覧に際しては当面以下のハッシュタグを直接クリックのうえお願い致します。
お手数をおかけして申し訳ございません。
なお、9月26日17時までにご投稿いただいた内容は、引き続き軽便祭アカウントにてRTを完了させますので、新規のご投稿はご遠慮なく行って下さい。

【2021.9.26 13:45追記】
規制解除となりましたので、RTを再開致します。
軽便祭公式アカウントページ https://twitter.com/keibenfes への直接アクセスで、祭の参加ツイートをご覧いただけます。

# by maruk-fes | 2021-09-26 12:15 | ご案内

プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』


プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_00350268.jpg
▲現在は山形県真室川町にて動態保存されている仁別森林鉄道のD-40。まむろ川温泉 梅里苑 2021.6.5

2021年/第17回の記念エッチング板『カナ書きカトウ5tDL』について、仁別森林鉄道D-40を中心にプロトタイプのご紹介をいたします。
製作の参考にしていただければ幸いです。〔写真撮影:特記以外2021.6.5 中部浩佐〕


■仁別森林鉄道 D-40(真室川保存機)
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_00583340.jpg
▲仁別森林鉄道D-40 仁別森林博物館にて保存時代の姿。1979.7 P:古川邦雄

現在、山形県の真室川町で動態保存されている『カナ書きカトウ』こと加藤製作所製の5tDL(軌間762mm)は、もともとは秋田営林局秋田営林署の仁別森林鉄道(1966/昭和41年廃止)で使われていた機関車だった
1943/昭和18年10月製造・1946/昭和21年8月購入で、導入当初から秋田営林署に所属。重量は厳密には4.8tとの由だが、いわゆる5tクラスの機体である。仁別森林鉄道の廃止時点において、秋田営林局における管理番号は『D-40』、機関は加藤自社製のKD-50型4気筒ディーゼルを搭載していた。
同機は廃車後、仁別森林博物館(1964/昭和39年開業)にて静態保存されていたが、1982/昭和57年に山形県真室川町が秋田営林局に申し入れのうえ譲受、同町にてエンジン換装等の整備を行い、1983/昭和58年より動態保存の状態となり今日に到っている。
当初は真室川町歴史民俗資料館の展示物として保管され、見学希望者の申し入れがあった際に火が入る程度であったが、2004/平成15年より町営の『まむろ川温泉 梅里苑』隣接の町有地に敷設された全周約1kmのエンドレス軌道にて、例年5月~10月の週末・祝日に定期運行されるようになった。
また、同機は2009/平成20年には経済産業省の『近代化産業遺産』にも指定されている。


・仁別森林博物館保存時代
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_00371442.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_00372080.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_08565948.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_01012180.jpg
▲仁別森林博物館では、館の裏手の軒下に温根湯のBLWリアタンクや仁鮒の酒井F5(D-29)などとともに保存されていた。塗装は秋田局標準の濃緑一色ゆえ華には欠けるが、キャブ側扉の緑十字や、手スリと『カトウ』の陽刻に差された白がよいアクセントとなっている。写真4点すべて1979.7 P:古川邦雄

仁別森林博物館保存時代の説明プレートの文面(1979年7月時点・原文ママ):
デーゼル機関車
型 式  カトウ式 KD-50
重 量  5t
燃 料  軽油 
製作年月 昭和18年10月
製作地  東京都品川区
会社名  加藤製作所
5t程度の機関車は森林鉄道時代の主流をなし殆んどの
営林署で活躍したものです。
この機関車はここ仁別から秋田貯木場までの間を運行し
最後は森林博物館建設資材の運搬に当ったものです。

プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_04362336.jpg
▲1980年夏撮影のカラー写真。承前の古川邦雄さんによる写真の約1年後だが、その間に車体がリペイントされたようで、キャブ側扉の緑十字マークは失われてしまっている。1980.8.26 P:桜山軽便鉄道

・真室川町での保存

同じ秋田営林局の管内で森林鉄道が存在したという以外にはさして縁のない山形県真室川町にて、この『仁別のカナ書きカトウ』の保存が行われるに到った経緯と、その後の展開については以下の論文に詳しい。

1983年からの真室川町歴史民俗資料館での保存に当たり、D-40はエンジンの換装(カトウKD-50→いすゞDA220)を含む動態化整備を施され、その際に塗装も上回り:ライトグリーン・下回り:黒という、近年のファンにはなじみの深い装いに改められている。
併せてトレーラーも2輛(組)が用意され、資料館の敷地内には200mほどの線路を敷き、短いながらも往復での運転を可能とした。
トレーラーは、他所から富士重工製モノコック運材台車2組を入手し、うち1組には、当時秋田県合川町の大野ハイランドで保存されていた林鉄の客車(合川営林署管内で使用されていたものとされる)を模して新製したレプリカの木製車体を載せて客車とした。運材台車は上松運輸営林署(木曽)より譲受したものだというが、客車の足回りに使われた方はさておき、運材台車の姿のままのもう1組はブレーキハンドルが円形でかつ低い位置に取り付けられている青森局方式のため、前歴が木曽のものかどうかは疑わしいようだ。
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_12005044.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_13025166.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_13030472.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_13025947.jpg
▲真室川町歴史民俗資料館にて保存時の姿。客車は撮影時点で製作から20年近くが経過していることもあってか、車体に痛みが目立つ。モノコック運材台車は、客車が履いている物と丸太を載せた物のブレーキハンドル形状の差異に注目。写真4点いずれも2002.6 P:城日野哲太


『カナ書きカトウ』は、2004/平成16年から保存場所を町営施設『まむろ川温泉 梅里苑』に移して、隣接の『体験交流の森』に敷設された延長約1kmのエンドレス線路にて定期的な運転を開始、町の観光資源としても認知されるようになって今日に到っている。
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_15361220.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_15073241.jpg
▲梅里苑『体験交流の森』に敷かれた線路を走る、カナ書きカトウの列車。林の中を走る辺りは現役の林鉄のような気分も味わえる。写真いずれも 2021.6.5
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_15143469.jpg
▲列車の乗り場(交流の森停車場)に掲示された説明板では、かつて町内に存在した真室川森林鉄道(秋田営林局真室川営林署所管)の機関車であるかのような書き方がされているが、事実とは異なる。
※実際の真室川森林鉄道は、この場所から10kmほど離れた奥羽本線釜淵駅を起点に西側に路線を延ばしていた。そこで実際に使われていた機関車は、以下リンクの山形県公式ページの『廃線となった森林鉄道』の項、2・3枚目写真参照。いちおう加藤製5tクラスの内燃機であった点については合致する

プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_15363046.jpg
▲牽引する車輛のうち、客車については梅里苑へ保存場所を移したのを機に北陸重機で車体を新造した(2004/平成15年製造、S/N:2540)。さすがに完全な木造ではなく、車体の骨組みは鋼製角パイプによるものだが、腰板部分はオリジナルのような羽目板に見せかけて細い丸太を並べて嵌め込んであるのがユニーク。窓は吹き曝しで巻き上げ式のビニールカーテンを備える。出入口は片側(現状はエンドレス外周側)の車体中央のみで、扉は腰板部分のみの開き戸。車内は木製の内張りとロングシート。
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_21591666.jpg
▲左:客車が履くモノコック運材台車には背の高いブレーキハンドルポストが付く。また、梅里苑に来たときから編成はエアブレーキ化が図られている。右:客車の車内の様子。木製の座席は座面の凝ったつくり。


・カナ書きカトウの角度
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_01181108.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_01181737.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_04215878.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_04210256.jpg
▲この機関車の最大の特徴といえるのが、鋳物部品の『カトウ』の陽刻。動輪の軸受もよく見ると『カトウST』と記されている。一方、一般的な加藤の機関車では『KST』陽刻がある中間伝導軸のフタは無地品。

プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_01161498.jpg
▲一歩引いてオーソドックスな角度での1枚。“カナ書き”刻印であるだけでなく、台枠のステップの天地寸法が小さい戦前製の加藤5t機の特徴を残す点でも貴重な個体である。


プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_04120627.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_01315347.jpg
▲いっぽう、左右のサイドビューを眺めてみると、全長に対するキャブの長さの比率が高いことが目につく。このプロポーションは5tクラスとしては少数派。なお、ボンネットが短めな分、カウル留めの数も片面で3ヶ所となっている。
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_02073679.jpg
▲ボンネット・屋根上の全体を眺める
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_02155796.jpg
▲▼ボンネット上でもっとも目につくのは、キャブ前面窓の前にある2つの蓋。四角い方がおそらく砂箱の蓋だと思われるが、もう一つが判然としない。なお、丸い方はキャブ寄りの一辺が欠き取られた形状で完全な円形ではない。
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_02084899.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_02150125.jpg
▲注意していないと見落としそうだが、四角い方の蓋の背後に隠れるように花弁型のフューエルキャップがある。

プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_02145844.jpg
▲ラジエターキャップの後方には黒くて丸い蓋のようなものがあるが、これは動態化時に新設したラジエターの給水口と思われる。そのため、現役時代を再現するなら無視してよいディテール。ラジエター側面のライト掛けは、この機体の場合は正面から見て右側にのみ付く。
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_03422318.jpg
▲後ろに客車が繋ぎっぱなしのため、キャブ背面は撮りづらくこんなカットしかないがご容赦。本エントリ冒頭の、仁別博物館時代の写真も併せて参考にして頂きたい。あとはキャブ後方の長い手スリの位置関係にも注目。

プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_04131084.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_03482991.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_04142490.jpg
▲これまた映り込みのひどい写真が多く恐縮だが、キャブインテリアの様子。運転台右手の計器類は真室川に来てからの後付けと思われる。


プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_02161322.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_02161781.jpg
▲前進左側のエンジンルーム内を見る。ボンネット上の項でも述べたが、ラジエターがオリジナルの物の背後に別物を装着しているようで、サイドから見ると不自然に後方に張り出しているのが判る。換装されたエンジンはいすゞDA-220(S/N:549968)。砂箱は一般的な逆三角形ではなく片流れの独特な形状。砂撒管も前輪の方にしか掛かっていない。

プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_03301361.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_03504619.jpg
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_03505169.jpg
▲右側のエンジンルーム内。1枚目はラジエターのホースの引き回し(ノンオリジナルだが)とバッテリーの搭載位置、2枚目は砂撒管の様子がよくわかる。2枚目、変速機のプレート(厳密にはシフターボックスの蓋)の刻印は『KATOWORKS SHINAGAWA TOKYO』。以上3点、2002.5.18 P:長倉朋春

プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_02164383.jpg
▲排気管の位置が左側台枠前方であることが一目瞭然のカット。本機にかぎらず、秋田営林局のこのクラスの機関車は側面排気のものが圧倒的に多い。

プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_10234902.jpg
▲台枠先端の上面には、よく見ると小さな孔があいているのが判る。ツカミ棒等を挿すための孔で、同型の仁別33-092の写真ではここに安全旗が立てられている。


■仁別森林鉄道 33-092
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_04431410.png
今井啓輔さんが1965/昭和40年10月の仁別訪問時に撮影している機体です
外観は真室川保存のD-40と酷似しますが、キャブの背が明らかに高い/ラジエター脇にバックミラーを装備/ラジエター脇のライト掛けが左右2ヶ所ともあり且つマーカーライトを装備、という差異から、別個体と判断しています。
掲載書籍・ページは以下の通り。

なお、同じ仁別森林鉄道でなぜ番号の付け方が違うのか?と疑問に思われるかもしれませんが、秋田営林局の機関車は帳簿上の番号と実際に機関車に取り付けられているプレートの番号が一致していないケースがあり、改番ないし附番形態変更の有無を含め実態が明らかでないためです。
そのため、エッチング板の製品名や本稿での記載は、D-40の場合は廃止時点の帳簿上の番号、33-092の場合は実機のプレートの番号に基づいています。


■N型(タイプ)
プロトタイプガイド 仁別の『カナ書きカトウ』_a0100812_04431766.png
岡本憲之『加藤製作所機関車図鑑』(イカロス出版) p34・35の下部に『N型』と称する戦前撮影とおぼしき5t機の写真が掲載されています。エッチング板の機種は、ディメンションはボンネットとキャブの長さの比率が仁別D-40と同じp35の機体に準じつつ、キャブの造作はp34の機体に合わせたセミフリーデザインのため、N型"タイプ"と称しています。ただ、この形態そのものズバリの機関車が実在した可能性もないわけではありません。




# by maruk-fes | 2021-09-26 11:18 | 記念製品(エッチング板)

【第17回/エア2021】記念エッチング板の通販に関するご案内

■エッチング板の販売方法について

今回の軽便祭は、昨年同様にオンライン開催で会場直販が不可能なため、エッチング板はナローガレージ様の通販にて販売をいたします。
販売開始は、10月3日(日)午前10時からエア軽便祭2021開催の一週間後)となります。
・価格:1枚 4,950円(本体4,500円+税)
 ※製造数全てを委託販売とするため、会場直販前提の価格設定では原価の回収が困難なことから、この価格とさせていただいております。何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。
・通販専用サイトは以下のリンク先となります。
 10月3日の販売開始までは『クローズ中』ないしは『(在庫ステータスが)SOLD OUT』となっていますのでご注意下さい。
 購入可能数量は、1アイテムにつきお1人様3枚までとなります。
 また、ナローガレージ扱いの他社製品との合わせ買いはできませんので、あしからずご了承下さい。




■販売品目

今年の新規製品です。品名のごとく、台枠等のメーカー名陽刻が片仮名書きの『カトウ』となっている加藤製内燃機。
プロトタイプは仁別森林鉄道D-40(現在は山形県真室川町にて動態保存)で、他にキャブ等の異なる2機種を選択可能なコンバージョンキットです。
【第17回/エア2021】記念エッチング板の通販に関するご案内_a0100812_20460856.png


2017年・第13回記念製品の2度目の再生産です。
板の内容は不変ですが、推奨動力装置が『アルパワーNZ10.8S(品番B4016)』に変更となっています。
*完売となりました。(2021.10.6)
【第17回/エア2021】記念エッチング板の通販に関するご案内_a0100812_01412738.jpg



# by maruk-fes | 2021-09-21 00:01 | 記念製品(エッチング板)