<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第13回軽便鉄道模型祭 総合ご案内

第13回軽便鉄道模型祭の開催も近づいてまいりましたので、改めて詳細をご案内申し上げます。

■会場『綿商会館』のアクセス
 (9/30『軽便讃歌VIII』・10/1『第13回 軽便鉄道模型祭』共通)
住所: 東京都中央区日本橋富沢町8-10
最寄駅: 東京メトロ日比谷線 人形町駅/都営浅草線 人形町駅・東日本橋駅/都営新宿線 馬喰横山駅/JR総武快速線 馬喰町駅 など
会場の外観と地図:
a0100812_11361132.jpg
a0100812_15271539.jpg

■プレイベント(講演会) 『軽便讃歌VIII』

・期日:2017年9月30日(土)
 13:00開場・13:30開演~17:30頃終了
(※時間は若干変更となる場合があります)
・場所: 綿商会館 4Fホール
・入場料:1,000円
・プログラム:
北市 正弘 『木曽森林鉄道支線の最後を訪ねて』
蔵重 信隆 『追憶の煙~台湾/羅東森林鉄道、韓国/水仁線に日本製ナロー蒸機を追った日々~』
 (途中休憩有り)
※プログラム詳細は、こちらをご参照下さい。


■第13回 軽便鉄道模型祭

●期日:2017年10月1日(日) 11時~18時
●場所:綿商会館 4・5Fホール(※入場受付は4F)
●入場料:500円(中学生以下無料・小学生以下要保護者同伴)

▼当日の開場時間前のご入場待ちについて
●一般入場の方は、綿商会館 荷卸用駐車場の左端を先頭に、建物の左手方向(マンション側)に整列して下さい
●開場の10~20分位前になりましたら、事務局員が館内の階段に誘導いたしますので、順に階段で4階までお上がり下さい。
★開場後、階段の行列が解消するまで(11時30分頃)は、一般入場の方のエレベーターのご利用はご遠慮下さい。(※階段のご利用が困難なお客様につきましては適宜対応致します
a0100812_23535633.png
▼会場内配置図
下の画像をクリックすると拡大画像が開きます。 ※PDF版はこちらをどうぞ。
a0100812_00075349.jpg
●4F会場:物販出展者 および一部モデラー出展者
アルモデル / O・MORO DESIGN / 木曽森林鉄道レトロムービー / 北野工作所 / 城東電軌 / 銀座軽便倶楽部 / クラシックストーリー / 杉山模型 / 駿遠倶楽部資材課 / トーマモデルワークス / 道楽ぼーず / 富井電鉄猫屋線(トミーテック) / ナローガレージ / 南軽出版局 / ペアーハンズ / 銘わぁくす / Moso Factory / モーリン / Models IMON / モデル8 / モデルワーゲン / ワールド工芸

●5F会場:モデラー出展者
 ※5Fをご覧になる際は、事前に4Fで入場券をお求め下さい。
Oナローモジュールクラブ(ONMC)
/ OO niners(ダブルオー ナイナーズ) / お手軽軽便『栂森鉄道』 / 倉林 実 / クリッターズ・クラブ / 軽便モジュール倶楽部(KBMC) / 駿遠倶楽部 / 畑中 博 / 四頓☆倶楽部ふたたび

●記念製品:千頭/三塩の酒井3.5t内燃機 車体エッチング板(→詳細
・頒価3,500円/頒布数230枚
・4F受付にて販売致します。ご購入の際は入場券の提示をお願い致します。
・アルモデルより専用動力が発売(予価 4,900円+税)。当日会場内でお求めになれます
a0100812_02504772.jpg
▲写真は塗装完成見本。左から千頭凸型/千頭L型/三塩L型。

upload: 2017.9.28

 

[PR]
by maruk-fes | 2017-09-28 07:30 | ご案内

【第13回】記念製品 千頭/三塩の酒井3.5t内燃機 車体エッチング板

a0100812_01412738.jpg
▲いままでの記念エッチング板の中では、第6回の『プリムスFL-1』と肩を並べる最小クラスの機種です。手前の1円玉でその大きさを実感して下さい。

第13回の記念製品(エッチング板)の車種をご案内いたします。
今回の題材は、森林鉄道で活躍した酒井工作所の3.5t内燃機関車。東京営林局 千頭(せんず)森林鉄道の奥地の作業軌道で用いられた凸型ディーゼル機・L型ガソリン機と、山梨県林務部 三塩(さんえん)森林軌道のL型ガソリン機の3種類の中から、任意の1種を製作可能なバリエーション・キットとしています。
いずれも、現役当時の写真が数えるほどしか残されていないような機関車ですが、西 裕之さんの資料協力と監修により製品化が実現しました。

ちなみにこの3機種、内2機種がL型車体とはなっていますが、酒井のメーカー形式では『B型』(鋳鋼台枠/ローラーチェン駆動/センターキャブ)のカテゴリに含まれます。
どの機関車も、山トロによる乗り下げ運材を行う軌道が活躍の場であったため、伐木を積んだ台車の牽引ではなく空車の引上げが主な役割でした。
a0100812_01303191.jpg
製品のスケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
車体の基本部分のみのエッチング板ですが、ぜひ皆様の創意工夫でお楽しみ下さい。
キットは10月1日の祭の会場にて販売致します。
頒布数量:230枚・価格:1枚3,500円です。
a0100812_01511960.jpg
▲製品状態のエッチング板。おまけパーツはどっさりのピン&リンクや当機種には使わない砂箱のフタなど。外側ランナー部には屋根カーブ/手スリ孔のテンプレートが含まれます。
a0100812_01411777.jpg
▲アルモデルより発売の専用動力『アルパワーN-10.8S』
WB:10.8mm、動輪径:φ5.2、モーターは新規採用の0610サイズで、ギヤ比1:49.2の2段減速。動力本体以外に、ホワイトメタル製のエアクリーナーと固定用のM1.2ビスが付属します。
当日会場内のアルモデルのブースでお求めになれます(予価:4,900円+税)。
a0100812_01421427.jpg
▲3種の塗装仕上見本(製作:栗島松雄)。3種類のうち、実際の塗色が明確なのは中央の『千頭L型』だけで、残り2機種は推測によるものです。

a0100812_00461575.jpg
▲紅葉の作業軌道のレイアウトをゆく三塩L型(製作:須々木裕太)

●キットの仕上作例の製作手順を、ブログ『牧場通信』にアップしてあります。
 序 いよいよ酒井です!
 ①板の内容
 ②台枠の組立
 ③ボンネットの組立
 ④エアクリーナー等 ボンネット上ディテール
 ⑤キャブの組立
 ⑥キャブ屋根の曲げ方
 ⑦ヘッドライト取付等、完成

●なお、プロトタイプの写真は、以下の書籍に掲載されています。
・『賛歌 千頭森林鉄道』(谷田部英雄/文芸社)=千頭凸型(p68)・千頭L型(p55)
・JTBキャンブックス『全国森林鉄道』(西 裕之/JTB)=三塩L型(p92)


【2017.10.2追記】
この板は、おかげさまで祭当日に完売となりました。

【2017.11.3追記】
組立説明書にて、図解の不備等がありましたので訂正版をアップ致しました。
(以下の画像の、赤枠で囲んだ部分が主な修正箇所となります)
a0100812_10443709.jpg
update:2017.11.3
[PR]
by maruk-fes | 2017-09-26 03:00 | ご案内