カテゴリ:ご案内( 86 )

【第9回】記念製品 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板 

大変お待たせいたしました、第9回の記念製品をご案内いたします。
今回は、温根湯森林鉄道の協三工業15tボギーDLです。
スケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
車体の基本部分のみのエッチング板ですが、ぜひ各自の創意工夫でお楽しみ下さい。
a0100812_1341051.jpg


実車は、1953/昭和28年に試作機1輛、追って1955/昭和30年に量産型4輛の計5輛が北海道の温根湯森林鉄道(北見営林局留辺蕊営林署)に導入されたもので、わが国の2'6"森林鉄道用としては最大・最強の内燃機関車でもありました。
温根湯では、昭和29年の台風被害による風倒木処理目的の路線延長区間において、林鉄としては異例の峠越え(=上り勾配)の積車牽引に活躍。
のちに温根湯線の廃止に伴い4輛が武利意森林鉄道(丸瀬布営林署)に転出したとの由ですが、1962/昭和37年に同線も廃止、他局に転出することなく10年に満たない生涯を終えています。

・ディテールは基本的に正面2枚窓の量産型に基づいていますが、試作機風の正面3枚窓もチョイス可能です。
・車体は切妻ですが、妻板の角にはRがついており、その部分は各自でヤスリがけによる仕上げが必要です。
・動力は、トミーテック『鉄道コレクション』用12M級動力(TM-01・03)が使用できる設計としてあります。また、祭の会場にてアルモデルからスケール通り(台車WB10.3mm・ボギーセンター間51.6mm)の専用動力も発売されます。

a0100812_140306.jpg

a0100812_142181.jpg

▲試作品の板および専用動力ユニットを使用した仕上作例。
塗色は、実車を撮影されたファンの方の『クリームとダークグリーン』という証言を参考に
クリーム1号+近鉄ダークグリーン(共にマッハ)を使用。(製作:栗島松雄)

a0100812_1392768.jpg
▲製品状態のエッチング板。ランナーには車体正面塗分け線テンプレート、正面ヒサシ・手スリ折り曲げ治具が含まれます。

a0100812_1475951.jpg

▲アルモデルより発売の専用動力ユニット。アルモーター(RS-0811S)1個で全軸を駆動、1台車に1輪ゴムタイヤ付。(→詳細
基本部分は組立済で、ダミー輪芯の嵌め込みと外台枠の組立はユーザーが行います。台車枠の形状は量産型に準拠。

a0100812_234239.jpg

▲『鉄コレ』12m級動力を装着した場合の図。専用動力に比べて車高は1.2mm下がります。

キットは10月6日の祭の会場のみでの販売となります。
頒布数量:200枚・価格:1枚3,500円です。

★ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』で9/18~10/4にかけてアップしてあります。参考になさって下さい。
(試作完成見本紹介)
(1) (車体パーツ切り出し、手スリ孔あけ)
(2) (車体の組立 )
(3) (車体の組立、妻板の角落とし)
(4) (ステップ廻り)
(5) (ヘッドライトカバーとヒサシの折り曲げ)
(6) (雨トイの工作、ライト関係パーツの紹介)
(7) (専用動力の紹介)
(8) (専用動力 台車枠の組立)
(9) (専用動力 台車枠の組立と砂箱、カプラー、エアタンク)
(10) (屋上のマフラー)

★実物の写真は、ウェブ上では以下でご覧いただけます。
・SENのブログ 温根湯森林鉄道-3
http://ameblo.jp/pecintarel/entry-11457155753.html
・RM編集長敬白 (名取紀之)
“垣間見た”温根湯森林鉄道跡。(上)
http://rail.hobidas.com/blog/natori09/archives/2006/11/post-401.html
“垣間見た”温根湯森林鉄道跡。(下)
http://rail.hobidas.com/blog/natori09/archives/2006/11/post-402.html
・北海道森林管理局 森林鉄道資料館 温根湯森林鉄道写真集
http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/square/railway/rubeshibe.html
・北海道大学 学術成果コレクション
北海道における森林鉄道用ジーゼル機関車について(小熊米雄)〔PDF〕
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/20782/1/20%281%29_P361-392.pdf


【2013.10.7追記】 今回の組立説明書をアップ致しました。
PDF(約1.4MB)
※訂正とお詫び: 
・説明書中で、(車体の床板ステーに)“M1.4のタップを立てる”旨の記載がありますが、実際にはM1.2の間違いです(アルモデル製の専用動力もM1.2ビス同梱)。
・また『パーツ一覧』の、鉄コレ用台車枠の部分の“スジ彫りが外側になるように折り曲げる”箇所の指示にも一部抜けがありました。
お詫びのうえ訂正致します。
(上記リンクにアップのPDFは当該部分を訂正しました)
[PR]
by maruk-fes | 2013-10-04 08:30 | ご案内

プレイベント『軽便讃歌IV』 追加募集のお知らせ

10/5(土)開催のプレイベント『軽便讃歌IV』は、8/31に参加募集を一旦締め切らせていただきましたが、ご応募がまだ定員に達していないため、追加募集を実施いたします。

・追加募集受付開始: 2013年9月1日~
・これより、抽選ではなく30名様までの先着順といたします。基本的には定員に達した時点で締め切らせて頂きます。
・応募方法は、8/31までと変わりません。
メール表題に『軽便讃歌申込』と明記、本文に、
ご氏名
郵便番号・ご住所
電話番号
懇親会参加の有無

を明記のうえ
keibenfes●gmail.com(お手数ですが、●を半角アットマークに置き換えて下さい)
までお送り下さい。

※なお、8/31までにご応募いただいた方全員を含め、お申込を承った皆様には、9月中旬頃までに入場証を兼ねたハガキをお送り致します。
 

【2013.9.15追記】
まだ若干のお席がございますが、ご応募の人数にかかわらず
9/15一杯で募集を終了致します。
     
【2013.9.16追記】
募集を締切りました。
ご応募頂いた皆様全員分の入場証のハガキは、9/17投函にてお送り致します。
      
[PR]
by maruk-fes | 2013-09-01 08:35 | ご案内

■第9回軽便鉄道模型祭プレイベント 『軽便讃歌IV』開催のお知らせ

a0100812_219503.jpg
来る10月6日に第9回を開催予定の『軽便鉄道模型祭』ですが、今回その前日に当たる10月5日に、プレイベントとして講演会『軽便讃歌IV』 を開催いたします。
今回もナローに造詣の深いベテラン趣味人の方々により、貴重な写真・資料を交えながらナローゲージ鉄道の魅力を語っていただきます。
また、講演終了後に同じ会場にて懇親会の席もご用意しております。

期日:2012年10月5日(土)
会場:目黒さつき会館 2階大会議室

(〒141-0031 東京都品川区西五反田3-2-13/JR山手線 目黒駅西口より徒歩5分)

プログラム:
・講演会 12:30開場・13:00開演
竹中泰彦×小林隆則『くさかるの魅力』

 かねてより名高い避暑地と温泉地を結んでいたことから、恐らくわが国では最も一般に知られた軽便・草軽電気鉄道。竹中泰彦氏のアルバムから未公開のカットを厳選、この鉄道をこよなく愛する“鉄道青年”小林隆則氏の解説によってその魅力を掘り下げます。
竹中泰彦×西 裕之 『BLW時代の木曽森林鉄道』
 名物のBLWリアタンク機が最後の活躍をしていた、昭和30年代初頭の木曽・王滝森林鉄道。林鉄研究の泰斗・西 裕之氏が、当時の写真に蒸機以外の車輛たちや施設・情景にもスポットを当てながら解説します。
宮田寛之『日本の軽便蒸機』
 『鉄道ファン』誌名誉編集長にして、機関車史にも一家言もつ宮田寛之氏が、、かつてわが国に存在した数多のナローゲージ蒸機について、輸入機と国産機の対比もまじえつつその系譜を語ります。
(途中 休憩有り、17:00頃終了)

・懇親会
 17:00~19:00頃

入場料:
 講演会のみ   1,000円
 講演会+懇親会 4,000円


参加方法:
この催事にご参加いただくに当たっては、会場スペース等の都合もあるため事前申込制とし、お申込が100名を超える場合は抽選とさせていただきます。
応募要項は以下の通りです。

・参加お申込は、Eメールにて受け付けます。
表題に『軽便讃歌申込』と明記、本文に
ご氏名
ご住所
電話番号
懇親会参加の有無

を明記のうえ
keibenfes●gmail.com(お手数ですが、●を半角アットマークに置き換えて下さい)
までお送り下さい。
受付期間は、2013年8月21日~8月31日 23:59です。

・お申込は一口につきお一人様に限ります。
・懇親会のみのご参加は原則としてお受けいたしません。
・お一人様による複数口/複数名応募、受付期間を外れたお申込は無効とさせて頂きます。
当選された方には2013年9月上旬に結果を折り返しハガキにてご連絡いたします(そのため、申込の際ご住所は必ずご記入下さい)。
当選連絡のハガキが、当日の講演の入場証代わりとなります。

※当催事につきましては、10/6の軽便鉄道模型祭ご出展関係者の皆様におかれましても、恐れ入りますが別途個別にお申し込み下さい。
※Eメールアドレスをお持ちでない方でお申込をご希望の場合は、TMS誌・鉄道ファン誌の2013年8月発売号情報欄をご覧下さい。
※講演の順序や内容は変更となる場合があります。
[PR]
by maruk-fes | 2013-08-21 07:50 | ご案内

【第9回】記念製品<速報> 温根湯の協三15tボギーDL エッチング板

第9回の記念製品(エッチング板)の車種を発表いたします。
今回は、本邦最大の林鉄用DLであった、北海道・温根湯森林鉄道の協三15tボギーDLです(スケール:HO、ゲージ:9mm)
価格や仕様等の詳細は、9月中旬に改めてご案内致します。ご期待下さい。

a0100812_132932.jpg
※写真は試作品のため、実際の頒布品とは細部が異なる場合があります。
[PR]
by maruk-fes | 2013-08-21 03:45 | ご案内

【第9回】ポスターができました

第9回の祭の公式ポスターが出来上がりましたのでアップいたします。
今回は、草軽電気鉄道の情景をモチーフとした絵柄2種類となります。

a0100812_046175.jpg
a0100812_0463322.jpg

なお、プリントアウト用の大サイズのファイルは下記にあります。
草軽走行Ver.
草軽離合Ver.
前者3,509×4958pixel・約3.1MB、後者3,511×4,961pixel・約3.2MB。
模型店様での掲示や配布、ブログへの掲載など、『祭』の宣伝用にどうぞご自由にお使いください。
[PR]
by maruk-fes | 2013-08-21 03:20 | ご案内

【第9回】概要と出展者確定/前日『軽便讃歌Ⅳ』を開催します

お待たせ致しました。
第9回軽便鉄道模型祭の催事概要・出展者が確定しましたので、ご案内致します。

●期日:2013年10月6日(日)11時~18時

●場所:目黒さつき会館 2階 大会議室・A会議室・B会議室(3部屋)
http://www.jigyou-kyoukai.org/publics/index/6/
(JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線 目黒駅下車徒歩5分)
●入場料 500円(中学生以下無料・小学生以下要保護者同伴)

催事内容:
・クラブ・グループ・個人モデラーによるレイアウト運転や作品展示
・出展メーカー/ショップによるナロー製品の紹介と販売

・記念製品(キット)販売
・クリッターズ・クラブ企画『レールカー祭』

【モデラー出展者】

磯野 泰之
Oナローモジュールクラブ
お手軽軽便『栂森鉄道』
川上 杜人
木曾モジュール倶楽部
クラブJNG
クリッターズ・クラブ
くるまや軽便鉄道
軽便モジュール倶楽部
DMC
畑中 博
松田 亨

【物販出展者】

アートプロ
アルモデル
O・MORO DESIGN
北野工作所
木曽森林鉄道レトロムービー
銀座軽便倶楽部
クラシックストーリー
杉山模型
トーマモデルワークス
道楽ぼーず
ナローガレージ
南軽出版局
南洋物産
ペアーハンズ
銘わぁくす
MODELS IMON
Models Shima
モデルワーゲン
ワールド工芸


■プレイベント 『軽便讃歌Ⅳ』を前日(10/5)に開催します

講演会『軽便讃歌』を、昨年同様に前日のプレイベントとして開催します。
・期日:2012年10月5日(土) 
 12時30分開場・13時開演~17時頃終了
 終演後 懇親会(任意参加)あり
・場所:目黒さつき会館 2階 大会議室
プログラム詳細と参加要領は、8月20日頃に追って発表いたします。
  
[PR]
by maruk-fes | 2013-07-21 18:32 | ご案内

第9回軽便鉄道模型祭 出展募集開始です

●第9回軽便鉄道模型祭を、2013年10月6日(日)『目黒さつき会館』2Fにて開催いたします。
スペースは大会議室+小会議室×2となります。

●モデラー並びにメーカー、ショップの皆様の出展申込受付を開始致します。
出展内容は、実物換算で3ft6in未満のナローゲージが主体であれば、
スケール・ゲージ・日本型か外国型かは一切問いません。

以下のリンク先にアップロードした申込書式をダウンロードして、必要項目をご記入のうえ事務局宛にお送り下さい。
★勝手ながら、お申込みはEメール限定とさせて頂きます。
★また『モデラー』と『物販』で申込書式が分かれておりますのでご注意下さい。

▼申込書
・モデラー出展用
MS Excel形式
PDF形式
・物販出展用
MS Excel形式
PDF形式

◎お申込みを頂きましたら、2日以内に折り返し受領返信をお送り致します。
上記の日数を過ぎても事務局からの返信が無い場合、メール不達の可能性がありますので再度お送りいただけます様お願い致します。
◎『物販』のご出展につきましては、当日販売する商品の中に自社企画によるオリジナル製品を含む業者様に限らせて頂きます。
◎出展カテゴリを問わず、テーブル2台以上お申込み頂いた場合、会場配置の状況によっては台数削減をご相談する場合があります。
◎また、お申込内容や過去のご出展時の実績によっては、ご出展自体をお断りする場合があります。
以上、悪しからずご了承下さい。


申込に関する詳細は書式内に記載の通りですが、
申込期限・出展費用払込は2013年5月31日を〆切と致します。

出展に関するご質問等ございましたら、事務局(メールアドレスはこちら)宛にお気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。


●なお、祭の前日(10月5日<土>)に、同じ会場にてプレイベント『軽便讃歌IV』を予定しています。
内容や参加方法の詳細は8月下旬に改めてお知らせ致します。
[PR]
by maruk-fes | 2013-05-07 00:05 | ご案内

第9回軽便鉄道模型祭 開催決定と出展募集告知について

第9回軽便鉄道模型祭を、来たる2013年10月6日(日)、『目黒さつき会館』にて開催いたします。
 追って数日中に出展募集の告知を当ブログにアップロード致します。告知エントリの内容に充分ご注意いただいたうえでお申込みいただけますようお願い致します。
●また、祭の前日に当たる10月5日(土)には、プレイベント『軽便讃歌IV』を開催予定です。
 こちらの詳細につきましては、8月下旬頃に改めてご案内致します。
[PR]
by maruk-fes | 2013-05-01 18:12 | ご案内

【第8回】ご来場ありがとうございました

こちらでのご報告が大変遅くなり申し訳ございません。
昨秋の『第8回軽便鉄道模型祭』ならびにプレイベント『軽便讃歌III』、おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。今回もご来場・ご出展・ご協力いただきましたすべての皆様に厚くお礼を申し上げます。
ちなみに、10/8の“祭”ご入場者数は最終的に大人653名・小人25名となりました。

a0100812_23413689.jpg

a0100812_234536.jpg

▲上:10/8閉場時の記念撮影/下:10/7『軽便讃歌』幕間 紋雁亭柴奴さんの“軽便落語”(ともにP:oku)

●当日の詳しい様子につきましては、『軽便鉄模アンテナ』のレポートリンク集、ならびに以下の趣味誌をご覧いただけますようお願い致します。
 『鉄道模型趣味』 2012-12月号(No.844)・2013-1月号(No.845)
 『とれいん』 2012-12月号(No.456)
 『RM MODELS』 2013-1月号(No.209)

●次回―第9回の軽便鉄道模型祭につきましては、例年通り、詳細を今年5月頃に決定のうえ、改めてご案内致します。宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by maruk-fes | 2013-01-06 23:58 | ご案内

【第8回】 祭当日(10月8日)朝のご入場待ちについて

今回、祭当日の開場(11:00)前の時間帯のご入場待ちについて、以下の通りルールを定めさせていただきますのでご了承下さい。
a0100812_141428.jpg

・一般入場の方は、会館入口にあるC55動輪の右隣の傘立てを先頭に、会館の建物を右巻きに回り込む形で整列して下さい。
・駐車場は出展者の搬入車輛が頻繁に出入りしますので、上図の黄色で示したエリア以外にはたむろしないようにお願いします。
・事務局員もしくは会館職員の指示誘導があるまで、建物内への立入はお断りします

以上、何卒ご協力をお願い致します。
[PR]
by maruk-fes | 2012-10-06 09:52 | ご案内