【第8回】記念製品 静鉄駿遠線キハC3 エッチング板 

大変お待たせいたしました、第8回の記念製品をご案内いたします。
今回は、静岡鉄道駿遠線(←藤相鉄道)の片ボギー気動車・キハC3です。
スケールはHO、ゲージは9mm。設計・製造はアルモデルにお願いしています。
a0100812_3584089.jpg

実車は1936/昭和11年に藤相鉄道キハ6として加藤車輛で誕生。
鮮魚台を含めた車体全長が7mにも満たないわりに足回りは片ボギー式で、深い屋根やステップも相まって、小型ながらも量感のあるスタイルが特徴です。
幾度かの機関換装を経つつ駿遠線の全通後も活躍しましたが、自社製造の湘南型ディーゼルカー(キハD14~)の登場と入れ替わりに、1960/昭和35年に姿を消しています。

この製品は車体の基本部分のみのキットであり、屋根部分・動力・各種ディテールは"おまかせ"となりますが、ぜひ各自の創意工夫でお楽しみ下さい。

a0100812_1283065.jpg

▲素組作例(アルモデルより別売予定の専用動力、エンジン、プラ板ヒートプレス製屋根を使用。ヘッドライトは未取付)。
車体は雨トイとウインドシル/ヘッダーを別貼りとすることで立体感をアップしています。
a0100812_1285094.jpg

▲車体の内張りは、個々の窓枠を切り離せるようにしてあり、簡単に窓を開けた状態にすることができます(赤丸部分に注目)。
写真奥はアルモデル製専用動力(アルモーターRS-0811+フライホイール使用、GM製ボギー台車側を駆動、車輪φ7)。
a0100812_1454341.jpg

▲市販床下機器や自作のラジエター給水管を加えて組立途中の作例。屋根はバルサ削り出し。(製作:栗島松雄)
a0100812_0231661.jpg

▲製品状態のエッチング板。ランナーには屋根カーブと車体正面塗分け線のテンプレート付(画像右端部分)。

キットは10月8日の祭の会場のみでの販売となります。
頒布数量:220枚。価格:1枚3,500円です。


【追加情報】
a0100812_23255321.jpg
★今回のエッチング板には、特別附録として静岡鉄道駿遠線の硬券乗車券が1枚つきます。平田邦彦さんのご提供によるもので、駿遠線全廃の際に同社より直接入手されたという未使用の実物です。券面はいずれも『大井川→新藤枝』の普通乗車券となります。
★祭会場における、当エッチング板の関連商品の発売予定は以下の通りです。
アルモデル 『静鉄駿遠線キハC3』用 片ボギー式動力ユニット(半完成。台車枠は組立・取付加工要)
・アルモデル 第8回軽便鉄道模型祭記念品用パーツセット(プラ板ヒートプレス屋根板、エンジン、ヘッドライト、ベンチレーター、カプラーのセット)
・北野工作所 キハC3用屋根板素材(材質:MDF。断面のみ大まかに切削済、曲面出しはユーザーが加工)

★ディテールアップ工作を含めたキット組立見本の製作工程を、ブログ『牧場通信』の9/24以降、7回にわたりアップしてあります。参考になさって下さい。
(1) (内張り板について)
(2) (車体のハコ組)
(3) (ヘッドライト、鮮魚台の取付と屋根の製作)
(4) (エンジン、床下の加工)
(5) (ラジエター給水管の加工/テンプレートについて)
(6) (塗装)
(7) (レタリング入、完成)

★キハC3の実物の写真は、ウェブ上ではむーさんの鉄道風景でご覧いただけます。
 ・静鉄駿遠線車両図鑑
 ・大手駅のキハC3
 ・藤枝本町駅のキハC3


【2012.9.25訂補】
・組立サンプルの画像を追加しました。
【2012.10.3訂補】
・エッチング板本番品の画像と追加情報をアップしました。

【2012.10.9追記】 今回の組立説明書をアップ致しました。
PDF(約1.8MB)
a0100812_222513.jpg


【2012.10.10訂補】
・『牧場通信』の製作記事へのリンクを追加しました。
[PR]
by maruk-fes | 2012-09-17 13:49 | ご案内
<< 【第8回】 軽便祭8 追加情報 プレイベント『軽便讃歌III』... >>